ワークショップエプロンを選ぶためのヒント

作業作業服としての多くの職業の代表者はエプロンです. これらの製品とは何ですか?この記事で検討する.

必要なものについて?

エプロンは一種のオーバーオールです. 労働者のエプロンはベルトに固定されており、より快適な操作のために、それはしばしば子宮頸管ループです. このループは、順番に、1つまたは2つのポケットを持っている胸部のtenderloinに固定されています. エプロンは、多くの専門家の一連の全体的な要素(例えば、建築業者、医師、シェフ、そしてオープンファイヤーで働くすべての人)の義務的な要素です。. 基本機能エプロン – 保護. この製品は、有害な化合物、ほこり、汚染、チップ、火災、火花から肌や従業員の皮膚や体の体を保護します.

いつもの, これらはワークショップや生産のためのエプロンです. 彼らはより密集している、大規模です. また、エプロンは無菌の労働条件を提供することを可能にします. これは、医療機関、実験室でケータリングの分野で働く人々にとって重要です。. 最後に、エプロンは企業スタイルの一部であり、従業員が単一の作業メカニズムのように感じる機会です。.

ユニフォームを着用することは、職場と規律の権利を増加させることが証明されています. そしてエプロンの場合、会社のロゴも適用されます、それはブランドの意識の向上に取り組むことができ、広告会社の他の目標として役立ちます.

ビュー

エプロンを使用する方法によると、使い捨てで再利用可能な. 使い捨て製品は、従業員を保護し、医療機関、研究室、薬局、ダイニングルーム、および日常生活の中で無菌状態を提供するために適用されます。.

エプロンの目的に応じて、異なる材料から実行することができる。.

ターパリン

防水器は耐火性および撥水性の特徴を特徴とする。. これはそれを溶接機のための縫製用の人気材料を作ります. しかし、長期の熱暴露を伴う防水シートが過度に暖かく軽くなる可能性があることを覚えておくことは重要です。. スケールの操作中に定期的な揺れを助けるのを避ける. 防水器エプロン短期溶接用の使用.

そのような製品は、順番に、特別な含浸を持ち、持っていないものに分けられます。. 上記の難燃性含浸耐火性のあるエプロンでは、加熱に対する保護はより信頼性があります.

スピルコビー

スピレは自然な皮膚です。これはいくつかの層に分けられています. スピエルエプロンは、溶接機、創設者、冶金学者、ならびに他の職業の代表者の代表者のための標準的なエプロン、その仕事はオープン火災と高温に関連しています。.

それは温度、火花、耐摩耗性および汚染の影響から保護します. 材料はかなり密ですが、それからの柔らかい製品は価格の可用性によって特徴付けられます。. それは注目に値する価値があり、Spilocの耐久性 – それは壊れてピアスさえも難しいです. 不利益は保護スーツを使用する必要性と呼ばれることがあります.

レザー

革製品はオカリン、火花、飛沫からの保護特性が高いことを特徴としています. これは高い材料密度に関連しています。. しかしながら、この事実は反対方向を有する – 材料は低い通気性を有し、これは過熱、運転中の不快感を起こす可能性がある。.

昼寝

さまざまな革のエプロン. 材料は特別な保護塗料で覆われた牛の皮膚です. これにより、製品は耐火性の高い特性を獲得し、加熱しない. 不利な点は、そのようなエプロンが発売中では容易ではないと呼ぶことができる。.

スエード

スエード製品は長い溶接を行うのに適していますが、それらからのスケールを鋭くすることも可能です。. 材料は加熱抵抗によって特徴付けられ、水との接触後にその性質と外観を迅速に回復させる.

ゴム

ゴム化されたワークウェアは通常医師、化学物質および他の科学的研究室の従業員を使用しています. 材料は酸を含む攻撃的な化学物質に耐性があります. 臭いを吸収しない、掃除が簡単です.

綿織物

そのようなエプロンは料理人や他のケータリングスタッフの全体として使用されています. 彼女の利点 – 通気性、洗濯物. 多くの場合、そのような統一は異なる色で行われます(たとえば、ブランドの設立や企業の色のスタイルに従って)、会社の固有のロゴがあります。.

記載された材料は、再使用可能なエプロンを縫うために使用される。. 使い捨て製品について話している場合は、他のオプションが使用されます。.

ポリエチレン

製品は短く、最大数時間、操作に適しています. 湿気防湿、低石油作動子、熱可塑性樹脂(高温の条件下での性質を保ちます)、化学的影響から保護し、特別な処分条件を必要としません. しかし エプロンでの作業は不快になる可能性があります.

ポリ塩化ビニル

材料は、酸と医療球の従業員にエプロンを縫うために推奨され、酸とアルカリ、樹脂、石油製品の影響を恐れていないためです。. 100ミクロンの厚さを有する、ポリ塩化ビニルはポリエチレンより機械的損傷に対してより耐性がある。.

スパンダンド(積層スパンダン)

材料は湿気やバクテリアを見逃していませんが、完全に呼吸. これにより、実験室では何時間もの作業を適用できます。これにより、従業員が利便性とセキュリティに提供します。.

材料は化学的および物理的な露光に耐性があり、そのようなエプロンを有する滑らかな滑り面のおかげで、汚染物質は容易に拭き取られる。. 材料は低アレルギー性であり、それはその利点でもあります。.

選択基準

エプロンを買うとき、製品が要件に準拠していることを確認することが重要です。. 最も厳しい基準 – 冶金学者のエプロン、溶接部. 製品はオープンファイアーと高温を恐れてはいけません. 当然のことながら、エプロンは仕事の詳細とシームレスなはずです. したがって、例えば、溶接機が含浸なしでTARPエプロンを使用できる場合は、冶金学者のために受け入れられない. それらのために、製品は特別な耐火性含浸を持たなければなりません。.

製品がサイズに適していることが重要です – それは動きを突き刺しませんでしたが、あまりにも無料ではありませんでした. ほとんどの場合、一連のエプロンと保護ブレーカーのセットを購入する(注文に縫う)ことができます。. 縫製の品質に注意を払う – 線は滑らかでなければならず、そして材料は購読してはいけません.

フィッティングの信頼性を評価します. ポケットの存在は標準によって規制されていませんが、彼らがそうであるとき、それは便利です.

一般的に、どの製品は以下の基準に準拠している必要があります。

  • 利便性 – これはワークフローの安全性と従業員の生産性に直接影響します。
  • 機能、つまり、労働条件の全体の完全なコンプライアンス。
  • 耐摩耗性。
  • ケア、禁煙の布地の使用、きちんとした外観 – これらの品質は生地からの製品にとってより優先されています.

あなた自身の手で溶接、配管や大工のためにエプロンを縫う方法については、次のビデオを参照してください。.

記事を評価する
( 評価はまだありません )
コメントを追加する

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: