ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリル、穿孔またはドライバーのためのラックとは何ですか。. 掘削が大幅に単純化されているそのような装置にはさまざまな種類があります。. 特定のモデルを選択するために、市場に提示されたデバイスのかなり広い範囲のデバイスが多数の基準で近づくべきです.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

それは何ですか?

固体で厚い素材で平らな穴を開く. ドリルや工場が滑り落ちることができるので、角度で掘削するときは困難はありません。. そのような状況では、最も合理的な出力はドリルのための高品質のラックの使用になります. 掘削工具自体と複合体のこの装置は小型機械サイズに変わります.

今市場は多くの製造業者の製品を提示します(あらゆる味と財布のために). ただし、ラック、ホルダー、ガイドの選択は最大限の注意を払って近づく必要があります. 自分の手で機器を作る可能性も除外されるべきではありません.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

掘削装置のためのラックは、その機能を大幅に拡大することを可能にします. 同時に、機器の主な利点の1つはそのコンパクトさと汎用性です。. 購入したモデルは異なる構成を持つことができます(ブランドや製品の費用に応じて). 特に、キットは、工作物処理された加工物および他の追加の要素の硬締結のための副を含むことがある。.

圧倒的多数のホルダーはコンパクトです. これに基づいて、彼らは小さなワークショップ、ガレージ、さらにはアパートでうまく操業できます。. ベッドの平均サイズは15×20 cm、ラックの高さ – 50 cm. この場合、デバイスの質量は2~6 kgの範囲で変化します.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

長所と短所

ブランドおよび価格カテゴリに関係なく、すべてのラックは掘削プロセスを簡素化するように設計されています。 それらの主な利点はいくつかの特定の特徴を含みます。.

  • 操作ツールの機能の範囲の著しい拡張. たとえば、高品質のラックは、フライス面を実行できます.
  • ドリルとカッターを位置決めすることによって行われる操作の精度を高めることは、処理されている材料に対して厳密に垂直であるか、または固定角度である。.
  • 重要な点の1つが最初の段階で処理された表面上のドリルのスライドを排除するための固体材料で働く能力.
  • 穴をてるだけでなく異なる角度でも穴を開ける能力. 現代のモデルでは、最大70度の角度で掘削を行うことができます.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

上記のすべてを考慮すると、高品質のラックはツールへの効果的な追加ではなく、それをフルフルメジコンパクトサイズに変えることもできます。. 残念ながら、それは明示的な欠陥なしではうまくいかない. ほとんどのマイナスは製造業者の特定の欠陥によるものです。.

多くの場合、高価なデバイスでさえ要件に応答しない. これは、使用される材料の品質とアセンブリの両方に適用されます. レビューの中の多くのユーザーが、異なるブランドの掘削ツールを使用できるようにするためのユニバーサルフィクスチャがないことに注意を払います。. しかし、実際にはそのような要素の統一は不可能です.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ビュー

市場に提示されたすべての装置は互いに異なり、主に建設的な機能と機能性. さらに、それらは様々な機器を装備することができ、そのリストは、例えば、活気に満ちた集団および集塵器を含む。. 追加の要素を使用すると、操作ツールをできるだけ簡素化できます。.

使用の原則として、2つのカテゴリのデバイスを割り当てることができます。.

  • 機械のコンパクトなアナログに通常のドリル、穿孔またはドライバーを変換する固定ラック. これらの製品は、それらの重量および硬い設計によるこれらの製品はすべての操作の高精度を提供します。. 主なマイナスには、移動性の欠如と高コストが含まれます。.
  • 最小サイズで掘削の許容できる精度を提供する装置を表すモバイルボーリングコンソールまたはガイド.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

もう1つの重要な基準は、検討中の施設の機能です。.

  • ユニバーサルホルダーであり、最大限の安定性を特徴とする垂直掘削を表します. 彼らはしばしば、ミニワークショップの不可欠な要素とホームマスターズの助手になる.
  • より複雑で機能的な装置の回転装置. ブラケットを垂直面内の固定穿孔工具で動かすことに加えて、ドリルの作業行程に加工されている材料から所望の距離を設定することは、そのようなラックを設置することを可能にします。. その結果、装置はミーリングまたは研磨としても使用できます.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ラック自体の取り付けの特徴によって重要な役割はそれほど遊んでいない. 実際にフィードバックを示して証言するため、最も信頼できるオプションは磁気モデルです。. ほとんどのプロのデバイスはまさにそのような方法を持っています. この場合の最大安定性は強力な電磁界によって提供されます。. 掘削用の磁気ラックは、垂直、水平方向、傾斜面で確実に固定できます。. これにより、困難な動作条件で作業を行うことができます。. 原則として、そのような機器にはいくつかの追加オプションがあります。. 例えば、衝撃が磁石から進行しない場合、工具の包含は不可能である。.

固定するもう1つの方法は真空です. 彼はまた彼の信頼性を実際に証明した。. このようなラックを磁気で比較すると、専門家は後者の高コストに焦点を当てています.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ブランド

記載された機器は快適で有用な追加であり、高精度の固定作業のための掘削ツールの運用および信頼性のある固定を提供する。. 需要を考慮して、多くの製造業者はそのような装置のリリースを確立しました. このセグメントに提示されているすべてのモデルは、設計、機能、完全なセットとコストを備えた互いに異なります。.

人気のあるブランドの1つです “enkor”. 同社は、さまざまな特性を持つツールを操作するための消費者向け品質デバイスを提供しています(電力、質量、頸部直径).

需要が少ないことはブランドの生産です 輝く。. レビューでは、この技術の所有者は、鋳鉄からキャストされた高品質のベースプレートの存在によって提供される安定性の向上に注意を払う.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

また、今日の人気の評価ではラックの他のモデルがあります.

  • “口径” – コンパクトな静止機での信頼性とユニバーサルデザイン、マニュアル掘削ツール.
  • ドレメル。 – 機能性、長い耐用年数、および手頃な価格のコストを特徴とする装置. これらのモデルでは、水平面内の角度、ポーランド、粉砕材料で垂直掘削、穴の穴を開けることができます。.
  • スパルタ。 – ドリルやドライバーのような静止機器に変わるラック. 主な利点は、固定工具の滑らかさおよび均一性の原因となる高品質のメカニズムの存在を含む。.
  • Skrab。 – 小さなワークショップ、ガレージ、家庭環境での使用に合理的な選択肢となっている回転変更. 設計は強さ、耐久性の利用可能なコストを組み合わせたものです.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

リストされているユーザーに加えて、モデルを割り当てます “Dioland”とArtu. 同じ効率で最初のものは家庭や産業の状態で運営されています。. 修正に応じて、頸椎工具本体の直径は変化し、それはホルダー内で固定されます.

2番目の場合では、アルミニウムから行われた回転装置について話しています. クランプの存在により、任意のテーブルトップにデザインを最大限に設置できます。.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

選択方法?

さまざまな製造業者企業が提供する幅広いモデルを考えると、最も適切なモデルの選択は適切な注意と責任で近づくべきです。. まず第一に、設備のサンプルが存在しない可能性があるため、植樹首の存在のためにドリル自体を慎重に検討する必要があります。. この要素は数センチメートルのシリンダーです. ほとんどのドリルとチャウプッパは頸部直径を持っています – 4.3 cm. 掘削工具自体の設計機能に加えて、他の瞬間に注意を払う必要があります。.

  • パラメータ、製造材料、品質ベースプレート. 実際に示すように、鋳鉄製品はより実用的で効率的です. 別の重要な詳細は、テーブルの上の設計を固定するための取り付け装置および穴の存在および副の設置になるでしょう。.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

  • 加工部品の最大サイズを決定するドリルの最も抵抗と軸の間の距離.
  • ホルダーの特徴、その上のツールモデルのリストがラックへの取り付けに適しています.
  • 掘削深さを調整する能力. このオプションは、多数の同一の穴を作る必要がある場合は、状況で最新のものです。.
  • 移動機構の運用の原理.

最後の項目は特別な注意に値する。. ホルダーのいくつかのモデルは特別なばねを備えていますが、どのようなドリルの滑らかな動きを達成することができます。. そのような設計のもう1つの利点は、圧力がレバーに縮小されたときにその元の位置へのホルダーの自動リターンです。.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

必要な詳細

その寸法にかかわらず、そのような装置の目的を考慮して、ドリルのためのラック任意のラック それぞれがその機能を実行し、特定の要件に準拠しなければならない主な構造要素。.

  • スタニナ – 記載されている機器の主要な構成要素の1つであり、その基礎(スタンド)で、設計全体の持続可能性を確保する. また、ベッドには処理されたブランクを固定するための悪意があります. この要素の重みと寸法は、使用されるツールの電源とタスクのリストによって異なります.
  • ガイドスタンド, これはベースに対して厳密に垂直に配置されています. 僅かな偏差でさえ、加工された工作物と壊れたドリルやカッターを壊すことができます。. 特定のモデルの設計機能に応じて、この項目は異なる材料から作ることができます。.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

  • ストロークメカニズム. このノードにデバイスへの厳密な要件はありません。テンプレートは適用されません。. 彼の主な仕事は、三脚に沿って括弧または退水ツールクランプを使用して滑らかな動きを取り付けることです。. そのようなメカニズムには多くのバリエーションがあります。.
  • 装備のためのホルダー (ドリル、穴あき、ドライバー). クランプ、パッド、その他の取り付け要素は効果的な固定として使用されています.

必須であるリストされたコンポーネントに加えて、静止している作品のための掘削装置は多数の二次(補助)装置を装備することができる。. それらはあなたが機器の機能を拡大し、操作を単純化することを可能にします. これは、特に、さらなる影響、様々なプレフィックスおよび照明装置についてである。.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

自分を作る方法?

もちろん、既存のツールの機能を拡大する最も簡単な方法は、完成したデザインの取得になります。. しかし、多くの人は掘削手作りラックを作る可能性に関心があります。. レビューを分析すると、これが比較的単純なプロセスであると結論付けることができます。. しかし、関連する実践的なスキル、材料およびツールだけでなく、特定の知識を実装する必要があります。.

通常のドリルを穿孔機に変えることを可能にする構造の特性を考慮に入れることは、それはそれらをそれらからそれらであってもよく、その装置は最初に必要な重要な要素の一部を含む。. 自家製ラックを実行するためのいくつかの選択肢があります。. 本質的な材料、機器およびツールのリストは、木製または金属製の固定具を支持する選択に依存する.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ベッドはプレート(金属または木製)から作ることができ、その寸法は機器の容量とブランクの寸法によって決まります. もう1つの定義要因は、将来の設計の機能です。. 退屈な機械が600×600 mmの再分配の寸法を寸法で作るのに十分な場合、多機能ユニットの場合、これらの指標は増加されなければならない.

すぐにラックとバックアップは、プロファイルや木製のバーなどの両方の金属製のパイプで作ることができます. ガイドの役割を果たすラックが滑らかでなければならないことを思い出してください. 強さを忘れないでください.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

次の重要な構成要素は、ガイドに沿ってドリルやその他の機器を移動させるメカニズムです。. このノードの基礎はハンドルとスプリングになり、そのメカニズム自体はいくつかの変形で行うことができます。.

  • ラックに設置されている2枚のプレートの間に配置されているハンドルの横にあるように戻して取り付けます。. ハンドルが停止すると、ばねはその元の位置に戻り、キャリッジ自体が戻ります。.
  • キャリッジの特殊な溝に設置された2つのばねの形で、90度の角度のピンとサイドプレートが固定されている。. スプリングレバーを押すと圧縮され、ドリルが下がっています. ハンドルへの影響が停止するとすぐに、アセンブリ全体が元の位置に戻ります。.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

自家製機器の明示的な利点を一覧表示する必要があります。

  • 同様のデザインの製造は、既製の購入よりも安いです。
  • 制限がないと、故障したまたは古い機器からの実用的な材料やスペアパーツを使用することができます。
  • 備品の図面および適切なビデオ材料を含む詳細な説明は、大量に自由に利用可能である。
  • 必要な知識とスキルが存在する人全員は、その図でラックを作成し、すべてのニーズを考慮に入れることができます.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

あなた自身の手で掘削のための製造デザインの最も重要な欠点と言えば、あなたはその事実に注意を払うべきです。

  • 特定の段階では、旋盤、溶接機、その他の専門の機器にアクセスする必要があるかもしれません。
  • 誤差のために、マイナーでさえも、バックラッシュが現れ、それは掘削やその他の作品の質に悪影響を及ぼす。
  • ほとんどの場合、宝物によって作成されたモデルは機能性が限られています。.

しかし、すべての要素の有能なアプローチと高品質の製造では、ロータリーモデルでも集めることもできます。. 多くの場合、自宅は劣っていません(そして一部の指標では優れています)ファクトリーモデル. それはすべて材料と品質の組み立ての正しい選択に依存します.

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

インストール

すべてのコンパクトな機械は、テーブル、ワークベンチ、または個別の端にしっかりと取り付け、設置され、設置されている必要があります。. さもなければ、それについて実行された仕事の質とその操作は大幅に削減されます. 購入したモデルは、描画文書と添付の命令に従って厳密に組み立てられています。.

自家製構造物の状況では、一般的な規則や推奨事項に従うべきです。. 正しいインストールは長い仕事の鍵と、ラック機能によって提供されるすべての実行の実行の最大精度になります。. ミニマシンアセンブリは、次のアルゴリズムに従って実行されます。

  • ベッドの取り付け。
  • ガイドとバックアップのインストール
  • ランニングメカニズムのインストール
  • 直接締め付けツール(ドリル、ドライバー、穴あき).

ドリルのためのラック:それが何であるか、そして選択

重要なポイントは、組み立てと設計のすべての段階で、ハイパーの利用可能性と接続品質を確認することです。. さらに、ドリルの締め付けの信頼性に特別な注意を払う必要があります. ドリルまたはフライスックカッターは厳密に垂直に配置されるべきであることを忘れないでください。. さもなければ、掘削品質は減少し、工具破損のリスクが高まります.

あなた自身の手でドリルのための自家製ラックを作る方法、次のビデオを見る.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する