パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

パウダーペイント – 消費者の利益と利便性のために化学産業によって行われた最新の成果の1つ. 古典的な組成と比較して、それは多くの積極的な特性によって特徴付けられるが、あなたが知る必要があることをいくつかの不利益を有する。.

オリジナルの装飾的な要素を作成する前に、建設および自動車産業からのポリエステル粉末による染色があります。.

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

特有の

粉体塗料は多数の陽性側を持っており、伝統的な染色の方法に代わる人気になる. 主な作用試薬はここで – 様々な物質の分散混合物、またはかなり固体粒子の分散混合物である. 塗料の組成物からの溶媒の除去はそれにそれを与える。 完全な環境安全と火災のゼロのリスク.

顔料の種類とその濃度の変化、製造業者は接着のレベルに影響を与え、基準比と静電気への感受性に影響を与える可能性があります。. 粉末製品の顔料は、液体混合物を有する缶または缶と同じです.

パウダーペイント技術

表面の種類

化学産業は、MDFを含む非金属表面を適用するための粉体塗料の製造を習得しました. 塗料組成物の基部がエポキシである場合、標準的な染色技術からの逸脱は分類されていない. さもなければ、色の抵抗と有害な大気現象の抵抗は不十分になります. しかし、すべての要件が観察された場合、コーティングの機械的品質は適切なレベルになります. 残念ながら、エポキシ塗料は耐熱性と見なすことはほとんどありません。.

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

屋外で使用できるコーティングが必要な場合、色の耐久性は重要な要素である場合は、ポリエステル塗料を使用する価値があります。. かなりの量のアクリレート化合物が塗装混合物に導入されると、表面はアルカリ接触に耐性があるだろう. 外観それはマットと光沢の両方が起こります. 機械建築工場で広く要求されている類似の粉体塗料です。.

パウダーペイント技術

着色混合物の低温変動は、年から年よりも要求が求められているが、これまでのところ、それほど充実した人気があるように、それほど技術はそれほど働かないことがわかる. ポリウレタン品種は安定した反射によって区別されていますが、絶えず摩擦や激しい摩耗の影響を受けやすい部分を塗装するために使用されます。. それらの外観は絹と似ています、化学的不活性は非常に大きいです. これらの組成物はひどくない、気象条件、車燃料も鉱油も.

標準の自家製溶剤では機能しないことに注意してください。.

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

可塑化されたPVCに基づく粉体塗料はゴムのように柔らかいです. 被覆層は洗剤の添加剤でさえも水の影響を受けやすく、食器洗浄機のワイヤーバスケットに塗布されたとき、それは昔のままです. 慎重に選択された組成物は、製品や薬物と接触している塗料の使用を可能にします.

パウダーペイント技術

まず第一に、ポリビニルブチラールの基礎として使用される電気絶縁特性が必要とされる. ペンキの使用を使用して作成されたものは、保護とワークラインの両方を再生できます. コーティングは電流だけでなくガソリンおよび研磨作用にも着実にある。. この種の混合物は、内部仕上げ産業施設の場合に好ましい.

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

帯電防止特性は十分に柔軟に縫うことができます. 技術者は、特定の処理モード、およびターゲットパラメータを有するフィルム消費者を合成するために、さまざまな添加剤を使用してそれらに影響を与えます。.

Epoxypolieter塗料は熱硬化の数を指し、同時に機械的に耐性があります。. しかしそれは紫外線がそれを損傷する可能性があることを思い出してください. 化学産業もまた蛍光着色組成物の放出を習得した. したがって、製品の選択は巨大ですが、購入前にペイントの構成に慎重に精通しているはずです.

パウダーペイント技術

似非

ポリマー成分を含む塗料は、必然的にポリマーと共に顔料を含有し、染料は塗装材料の基部を形成する。. 基本構成要素はまた、所望の特性が提供される他の物質にも結合する。. アクリレート、特殊な樹脂がしばしば添加され、塗料がフィルムによってより良く形成される.

また、様々な色を与え、一般的な形態を改善するコーティングの固化を促進する添加剤. 酸素を有するチタンおよびアルミニウム化合物を充填剤​​とする.

パウダーペイント技術

結論は簡単です。 粉体塗料の優れた特性は最小のハザードクラス(毒性)で達成されます. そのような染料を使用するとき、男、ペットおよび植物は全く苦しむことはないでしょう.

ポリエステル塗料の全ての成分は、優れた流動性によって特徴付けられ、粒子は他方に固着しないため、様々な無関係な物体に固執しない。. あなたは特別な添加剤を使用し、組成を溶解する必要はありません.

粉末は厚すぎず、最初の一貫性を失うことはありません.

パウダーペイント技術

粉体塗料の技術的性質は十分に良い、ほとんどの場合彼らは静電的に適用されます. 機械的強度と安定性を保証する必要がある場合は、エポキシ成分だけでなく、紫外線の影響を受けにくいミラークロムも適用できます。. エポキシ混合物は、60~120度の動作温度を有し、電源誘電パラメータは非常に重要である. 双膜炎を基礎として服用して、内部作品のために厳密に粉体塗料を入手していますが、常温で入湿に耐えることができ、厚い層を形成する必要はありません.

パウダーペイント技術

化学的観点からのポリエステル – ウレタン混合物は、水酸基含有ポリエステルとブロックされたポリイソシアネートとの組み合わせによって形成される. 170度にほぼ等しいコーティングを形成することを可能にする最適な動作温度. 生成された層の厚さは厳密に制限されていて、それは25から27ミクロンの範囲に対応しなければならない. ポリエステル – ウレタン塗料を使用すると、硬さ、尿中性物質に対する耐性、すべての気象条件で優れた耐性を実現できます。. 表面は酸、ミネラル塩、炭化水素の弱い溶液の作用の下でその品質を保持します.

パウダーペイント技術

実際には、ポリエステル – ウレタン粉末塗料はスポーツや農業機器、エアコン、その他の電気機器、自動車の予備品、家具の防食のための使用. そのようなコーティングの広い使用は、それらがあまり危険ではないという事実のために可能である. 加熱は150度以上であるため、粉末法でプラスチックを塗ることは不可能です。.

パウダーペイント技術

パレット

パウダーペイントはある種の日陰を持つことができ、光沢とつや消しの両方の品種をもたらします. 技術はあなたが多色塗装組成物または金属を作り、ハンマー表面を形成し、建物のファサードのための信頼できる保護を生み出すことを可能にします.

  • 具体的な色 – 白、黒、金 – 様々な顔料の使用とそれらの濃度への変化を介して添付. 特定の色のペイントは1つのコンテナにのみ含まれていることができ、作成したいトーンを作成する必要がある場合には、作成する必要があることに注意してください。.

青銅色のために着色が選択されている場合は、ソリューションを変更しません。.

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

  • l l パウダーペイントは、充電するために蛍光体を使用することを通してその独特のビューを購入します、任意の光源が必要です。. このデザイン要素は、碑文、大きなロゴと他の多くのアイテムを飾る必要があるときに設計者を使用しています.

国内目的では、自動車用ホイール、コンクリート、衣類、様々なステッカー、ガラス、その他多くのものに蛍光体を塗って塗料が適用されます。. 大きな都市では、広告シールドの実行に同じで輝く粉末ディスクで塗られた塗装で車が見つかりません。.

パウダーペイント技術

  • オレンジ色の地殻に似た顕著なテクスチャを形成する 硬化を伴う塗料 トリグリシジルイソシアヌレート、そのような組成物の塩基性成分 – 様々なカルボキシル含有ポリエステル. ポリエステル – ウレタン塗料よりも温度を下げるためにソース成分を加熱する.

そのような組成物の利点は、鋭い顔および縁部をフロップなしで塗料する機会である。. 天候要因に対する抵抗、光および機械的効果は平均以上のレベルにあります. しかし、苛性物質からの保護されたものでは、シスベースの塗料はポリエステル – ウレタンよりもやや弱い.

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

微妙なアプリケーション

今、あなたはパウダーペイントの選択がどのように起こるべきか、そしてどのような場合には1つまたは別のケースでどのようにしているかを知っています. しかし正しい選択だけではないだけではなく、ワークフローの機能も考慮に入れるべきです.

ほとんどの場合、粉体塗料は静電方式によって適用されます. 粉末粒子は表面標識記号とは反対の電荷が報告されています。. その結果、それらは基板に引き寄せられ、比較的薄い層を形成する。. スプレーカメラは、表面に接着性ではない粉末を捕まえて、それを適用することができます.

パウダーペイント技術

しかし、それは単にパウダーペイントを適用するのに十分ではありません、それはまた特別な装置の内側に焼く必要があります. 高温の作用の下で、コーティングは重合されます. 熱可塑性塗料は、溶融し、次いで化学反応なしに冷却された物質によって形成される。. 持続可能な結果を​​得ることは、特定の温度体制を厳密に観察することが非常に重要です。. コーティングが溶けておらず、溶解しないため、熱反応性の種類ははるかに優れていますが、それが色自体の要件を非常に厳密に実施する義務があると義務付けています。.

着色組成物の製剤にかかわらず、金属部品は(洗浄および脱脂)を調製する必要があり、そして粉末層自体は非常に薄くなければならない.

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

プロのワークショップでは、真鍮、銅、金、または高齢化金属を模倣することができます. 特別な機器だけではなく、慎重に選択された組成物だけでなく、訓練を受けた専門家、さらにはいくつかのマスターでさえも、家では不可能です。. 基板が必要な加熱に耐えないため、木の塗料の適用は不可能です。.

パウダーペイント技術

乾燥成分の混合 – 熱可塑性組成物の調製が主な受容. 機器のニーズは最小限であり、仕事の労働強度は小さい. しかし、コンポーネント間の比率の違反を恐れずに安定して保存できる安定(構造化および非緩衝)混合物を得ることは非常に困難です。. あなたがすでに溶融フォームにある主な試薬を混ぜるならば、あなたはより多くの時間を費やしてより複雑な機器を適用する必要がありますが、結果が悪くなる危険性ははるかに少ないでしょう.

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

製造業者

粉体塗料は、数十と何百もの企業で製造されていますが、本当に高品質で信頼性の高い製品を生産するだけです。. だから、レビュー、企業の製品による判断 pulシーポール それは優れた物理的および化学的パラメータによって特徴付けられ、それはさまざまな方法で使用することができる。. ヤロスラブリ植物粉塗料からの染料 – 唯一の国内選択肢ではない. ロシア市場では、郊外、UFAのGatchinaで製造された混合物も塗りつぶしています.

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

リード企業を含む パルバット。虎。, ドイツの懸念とトルコの産業は良い製品を生産し、さまざまな金属基板に確実に重ね合わせます. また、ロシアの市場では中国とフィンランドの生産の製品を提示しました. ベルギー、イングランド、その他の国々輸入業者は評価の指導者たちに著しく劣っています.

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

大手メーカーのいずれかの粉体塗料を購入することで、アルミニウム製品とクロム製品でそれを自信を持って塗装することができます、通常の銀を交換することができます. ファサードを設計するとき、そして工業製品を製造するときは両方とも、既知のブランドの染料が最良の側から自分自身を示しています。. 品揃えのほとんどすべての工場は、絶妙で贅沢に見えるアンティーク銅の物体の模倣があり、最も豪華なコーティングの有害性は最小限です。.

パウダーペイント技術

パウダーペイント技術

自宅でパウダーペイントを使用する方法、次のビデオを見てください.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する