耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱タイル接着剤:選択機能

現代の炉や暖炉をクラッディングするとき、セラミックタイルはよく使われます. これはその外観、操作の容易さ、信頼性によって正当化されます。. 表面への取り付けタイルは、特別な耐熱性接着剤を使用して作られています.

耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱タイル接着剤:選択機能

特有の

高温の影響は材料の構造の変化をもたらし、変形、拡大を引き起こす. したがって、加熱構造が仕上げられたときに温度降下に耐える材料を使用. タイルを加熱装置に固定するために使用される耐火性接着剤混合物は使いやすい. 特別な構成は表面を緊密に接続するだけでなく、信頼性の高い熱保護を提供し、構造の破壊を防ぎます.

耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱タイル接着剤:選択機能

ペースト状の組成は高湿度の場所で使用されている。. ゼロを超える1100度、ゼロから最大50度まで耐えます.

耐熱性接着剤は、ゼロを超える120度またはゼロを超える材料の加熱に耐えるためにより長い時間がかかる。.

耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱性接着剤の組成は特定の成分の存在下で異なる場合があります. 目的と運転条件に応じて製造されます. したがって、手段を選択する前に、すべての特性を慎重に調べる必要があります。.

プロパティ

タイルを外面にしっかりと接着するために, 所有する接着剤を使用する必要があります。

  • 耐熱性. 接着剤は、長時間または1000度以上短時間で750度までの温度に耐えることができる。.
  • 良い接着. 耐久性のある表面接触は変形の危険性を減らすでしょう。.
  • 高弾力性. 耐熱材料への高温衝撃により、様々な方向の接触面の構造要素の内部変化が発生する. これらのプロセスを滑らかにするために、耐熱性接着剤は十分な弾力性を持っていなければならない。.
  • 温度変化に耐性がある. この品質は、暖房装置が路上にあるときに特に価値があります。.

耐熱タイル接着剤:選択機能

  • 耐湿性. この品質の存在は、例えば湿気のある湿度の条件下で、例えば暖房機構がバスまたはサウナにある場合.
  • エコロジー. 高温の詳細は耐火材料の多くの成分に影響します. この場合、有毒な有害物質の放出が起こる可能性があります.

申し込み

ストーブまたは暖炉タイルをクラッドするとき、すべての作品はいくつかの段階で実行されます。

  • 準備する. 表面は汚れ、ほこり、塗料、建物の混合物の残留物から徹底的に掃除されています. すべての穴、不規則性を閉じます. それから豊富な水を濡らした. タイルもサイズが整列しており、次に水で濡らした.
  • 締め付けられたタイル. 乾いた混合物を使用する場合は、パッケージに示されている指示に従って予め用意されています. しかし、それは約1時間で、溶液が粘度を失うことを念頭に置いて、使用には不適切になることに留意すべきである。.
  • 次に、接着剤組成物を基部に塗布する。. 層の厚さは最大10 mmまで達する可能性があります. それはすべて使用される接着剤ブランドによって異なります. 物質が凍結する時間がないように少量を置く. それからボトムアップの下部にタイルを敷設するために進みます.

次に、接着剤組成物を基部に塗布する。. 層の厚さは最大10 mmまで達する可能性があります. それはすべて使用される接着剤ブランドによって異なります. 物質が凍結する時間がないように少量を置く. それからボトムアップの下部にタイルを敷設するために進みます.

耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱タイル接着剤:選択機能

敷設タイルの形状を維持するために、プレートはタイルキューブ間の間隙に設置されている.

タイル張りの表面は直ちに整列され、接着剤の残りがすぐに取り除かれます.

  • 勤務終了. 直面してから約4日後、縫い目はグラウトしています. グラウトの組成も耐熱性であるべきです.

安全規制:

  • 耐熱性接着剤は様々な合成化学元素を含む。. そのため、セメントを含む溶液で希釈した場合、アルカリ教育が発生します. 皮膚や粘膜に入ることは、深刻な燃焼損傷を受ける可能性があります。.
  • 空気中の乾燥混合物を使用する場合、粉塵粒子の高さの含有量、繊維、Gravinok Chemicals. そのような物質との対話安全規則に従う必要がある:
  1. すべての作業は特別なゴム手袋で行われるべきです. 粘膜を保護するために、上気道が呼吸器、安全眼鏡をかけます.
  2. 危険な物質が皮膚または粘膜の表面に到達した場合、それらは豊富な水ですすぐべきです. 深い病変の兆候が現れると、資格のある専門家からの助けを求める必要があります。.

耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱タイル接着剤:選択機能

組成物の種類

耐火性接着剤の主な構成要素は、砂、セメント、難燃繊維、鉱物、可塑剤などの追加の合成成分です。.

耐熱性接着剤は次の形態で製造されています。

  • 水を繁殖させる粉末. それはセメント、可塑剤、耐熱性のある人工部品を含みます. 解決策を準備するときは、パッケージに表示されている指示に従う必要があります.
  • エマルジョンを食べる準備ができて. 溶液はそれらの組成粘土、石英砂、人工的、鉱物成分にある. そのような接着剤はより経済的に過ごすことができますが、それのコストはかなり高いです。.

耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱タイル接着剤:選択機能

成分の優位性に応じて、組成物の特性が変化する. 例えば、シャモット繊維の優位性は耐熱性の特性を増大させる. 可塑剤は溶液をより多くのプラスチックにします.

粉末組成物は仕事を始める直前に厳密に必要な量で繁殖している必要があることを覚えておくべきです。. 準備ができているエマルジョンは、予備的な訓練を必要としないので、より便利です。.

マークの概要

最も有名な接着剤組成物の中で最も人気があります。

  • テラコッタ. 耐熱性接着剤は乾燥粉末の形で製造されています. それはカオリン粉、粘性の耐熱性化学要素を含む. この物質は、高い接着性、可塑性、高温に対して耐性がある. ゼロを超える400度までの温度に耐えます.

耐熱タイル接着剤:選択機能

  • “PROFIX”. 接着剤はドライミックスの形で生産されています. ポリマー添加剤が存在する. 高いプラスチック特性があります. 耐熱性の特性に加えて、耐火性接着剤は高速凍結の性質を有し、これは表面の面の面を著しく減少させる. ゼロを超える700度までの温度に耐えます.

耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱タイル接着剤:選択機能

  • “ヘラクレス”. 普遍的な耐熱接着剤は、クラッディングタイルだけでなくスタイリングレンガのためにも使用することができます. 長い時間は、短時間で最大750度から最大1200度までの温度に耐えることができます。.

耐熱タイル接着剤:選択機能

あなた自身の手で調理する方法?

耐火性接着剤混合物は自宅で調製することができる. この方法は最も経済的であると考えられており、結果の高級感を高くしていません。.

これはドライセメント、砂、塩を必要とするでしょう. 砂と1 k 3混合セメントパウダー. それから塩のガラスを加えます.

耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱タイル接着剤:選択機能

粘土を水で希釈した. 均質な大量にもたらします. 次に、乾式ZAMに加えてください. 均一な一貫性が得られるまで接着剤溶液を十分に撹拌する。.

これを行うには、ミキサー以外の任意のデバイスを使用できます。. 粘土ホイップ、フォームが形成され、接着剤混合物の品質が悪化するので.

そのような組成物の利点は低コストであり、有毒物質の欠如。. しかしながら、自作の解決策を使用するとき、すべての割合は明確に観察されるべきです。. そのような仕事は特定の知識とスキルを必要とします。.

選択のヒント:

  • 耐熱性接着剤組成物を選択する場合、加熱装置の位置、運転条件、負荷を考慮に入れるべきである. 温度の頻繁な変化を伴う、タイルの負荷は、一定の温度のモードよりも大きくなります.
  • 参加は、ストーブや暖炉が行われる材料の種類、形状、不規則性の存在など、考慮に入れるべきです。. だから、例えば、普通のレンガの接着性が天然石のそれより高い.

耐熱タイル接着剤:選択機能

耐熱タイル接着剤:選択機能

  • 陶磁器に直面している密度が異なります. より高密度タイル材料を選択すると、接着剤が最も高い接着性で選択する必要があります.
  • 例えば、加熱要素への追加の影響の存在、例えば物理的、振動の存在、水分の存在を考慮に入れることも重要です。.
  • 接着剤物質を購入する前に、使用方法、目的、構成の特徴、発売日の指示を慎重に検討することをお勧めします。. 密封された包装では、サーモコクロは1年以内に保たれています.

まず第一に材料の選択の微妙な知識、それは専門家に必要です. 非専用の彼らは、完全な作業をナビゲートし、最終結果を正しく評価するのに役立ちます。.

炉と暖炉と暖炉のための接着剤のレビュー次のビデオ.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する