木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木は非常に良く、建設と装飾材料の需要があります. 彼の利点は、さまざまな表面の外観を改善することに貢献しています。.

この材料染色の頻繁に使用される仕上げの1つは、慎重に着色組成を慎重に選択する必要があるのを必要とします.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

特有の

塗料やワニス付きの住宅用ルーム. 特定の条件を厳密に観察する必要があるだけです。.

仕上げは素早く眠りに落ちなければならず、部外者の香りを持っていない(または不要な香りを持っている)、環境と衛生的な安全性が異なります.

登録のためのアイデアの選択はかなり大きく、それは多くの消費者を喜ばせます。.

木製ペイントの個々の種の利点と短所を考慮する前に、任意の構成について必要な要件が何であるかを調べる必要があります。.

それらは次のとおりです。

  • ひび割れの除去
  • 真菌の予防(特に型)感染症。

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

  • いかなる状況でも好調な外観の保全。
  • 耐久性(機械的影響に対する高い耐性を含む).

これらの要件のうち少なくとも1つが満たされていない場合、その構成が正しくないと仮定することができます. 不十分な処理は、完全な治療の欠如と同じ結果につながります – 数年が経つ、そして木は暗くなって亀裂するでしょう.

金属コーティング、石、またはレンガとは異なり、木材のために塗装組成物だけでなく特別な油とワニスも使用する必要があります。.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

ビュー

ウッドペイントはしばしば外部ファサード作品のための特別なコーティングです。. そのような材料は湿気の影響を効果的に抑制し、太陽の光線が強く加熱されていても破壊されない.

  • アクリル 基礎は環境にやさしい、それは不快な匂いを持っていない、そして天然木の重ならない. それは塗装に寒さに抵抗する能力を与えます。. 合成材料とは対照的に、人間の健康に安全な水塩基. アクリル塗料は内部作品に適しています。.

それが耐霜性があることを考慮に入れることは重要です。そのため、そのような組成物を正の気温だけに保存​​する必要があります。.

それはまた常に接触からあらゆる種類の水分と保護されるべきです。.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

  • あなたが適用することができる木製のドアのために ペルクロレビニルペイント KH-161。. このタイプのすべての染料は濃厚な濃い色を与え、急速に乾燥して徹底的に表面で「つかむ」. RED-161製剤は可塑剤の重い部分の導入を提供する. 組成物の運転中の通常の温度-20から+ 40度の範囲.

1つのレイヤーにペルチロビニルペイントを描くことで、消費を制限することができますが、表面を2回塗装することをお勧めします。.

積極的な外部環境は簡単に塗装するように譲渡されますが、ベースが非常によく準備されており、ひびやチップを含まないことを確認する必要があります。.

アクリル塗料、石灰、ケイ酸塩およびシリコーンコーティング上のペルチロルビニール混合物で木材を塗料することはできません.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

  • キャノピーの着色組成物 彼らがあなたが典型的な問題を確実に防ぐことを可能にするという事実にぴったり、サブブリッシュの形成と全体的な建設量に均質な層の厚さを形成するのが難しい. さらに、エアロゾル塗料は常に迅速な乾燥です. それらの化学的基礎として、製造業者は常腫、アルキド成分およびアクリル樹脂を使用する. モダンな各製剤は最小の詳細に取り残されており、実質的に制限なしでこれらすべての種類の着色組成物を適用することが可能です。.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

  • 半月の アクリル系スプレー, 外部作業に使用することができ、屋内壁や内装品を塗装するとき. 一つの乾燥層に必要なすべてのプロパティを取得するには、最大20分が必要になります。. そのようなコーティングはほとんど衰退しない、十分な長さに役立ちます. さまざまな外観が印象的です、あなたは静かにウェンジの色を選ぶことができます.

アクリルの混合物の助けを借りて魅力的な木材絵画でさえも形成されていることが重要です。. 芸術的なインテリアデザインの芸術的な方法に興味があるすべての人が頑張り、エレガントな詳細を愛する.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

  • 撥水性塗料 木のためには、湿度の高い施設にお勧めです。. 最も異なる種の組成はこのカテゴリーにありますが、水分散塗料は実用的な品質の比率に最もよく認識されています。. 彼らは人間や動物にとって絶対に安全であり、適用後に光沢またはつや消しの外観を持つことができます. そのような塗料は、任意の部屋で最適な微気候を維持することを容易にする。.
  • あなたが産業用製品を信頼していない場合、あなたは完全に安全な染料を作りたいのであれば、適しています 酪農場 (類似の化合物が多数あります). 彼女のレシピでスキムミルクに加えて、具体的な種であるアルコール酢、嫌物石灰および特定の鉱物顔料は塗料の目的に依存します.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

  • 茶色の塗料。, REMINDER ROSEWOOD表面は絶妙に見え、ほとんどすべてのインテリアに貴族に見えます. エナメルはまたこの色合いを持つことができますが、化学的構成や他のパラメータでは通常の理解の中で塗料からかなり遠く離れています. エナメル層を適用した後、それとの基礎は、最も強く、破壊的な影響に対して最も強く耐性がある熱処理であるべきです. そのような処理の木に最も信頼性の高い耐摩耗性塗料は必要とされないが、その保護特性もいくらか弱くなる。. 耐摩耗性や機械的負荷に対する低抵抗のため、すべての水性染料を木製の床に使用することはできません。.
  • 二成分塗料 特定の構成に関係なく、具体的な組成に関係なく、1つのコンポーネントのみを含むものよりも優れています。. したがって、ポリウレタン混合物はほとんど非置き場を形成し(そして技術の遵守が全く形成しないとき)、大きな機械的荷重でさえも容易に転写される.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

音量

1 kVで消費される塗料の数. NS。. 木の表面は、常に金属、プラスチック、さらには石を塗るときよりも、木が繁殖するので. 正確な図は、混合物の希釈、表面の幾何学的形状の複雑さ、処理およびその他の要因の数の複雑さを考慮して決定される。. 特定の木材のサンプルの湿度および多孔度への修正は無視できる.

着色組成物の種類も考慮されており、プライプルを施すプライマーが必要性を減らす.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

家の中には、色調の色調が最も異なる可能性がありますが、設計上の考慮事項によって決まります。. 屋外を含むあらゆる作業で、木の色の選択はタスクの予備的な定義を必要とします. あなたが建設を周囲の風景と調和的に組み合わせる必要があるならば、それは緑と茶色のトーンを使うことをお勧めします, そして、あなたが望むならば、家は赤とオレンジ色の染料を強調して(個別にそしてさまざまな組み合わせで).

これらの課題に加えて、設計者ソリューションは他の機能を持つこともできます:建設の外部の欠点、設計幾何学の視覚的変化、自然照明の強化または減少. 熱い場所では、屋根や他のファサードの詳細を軽い塗料で覆うことをお勧めします。, そしてあなたが寒い気候で領土に住んでいるならば、それは暗い表面を好む価値がある.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

家の外側と内側の両方(より少ない範囲に含まれています) 厚いジューシーなトーンは、飽和度が少ない以上に燃やす. したがって、木製の壁や開いたテラスの太陽の汚れのためには、薄い色合いを使用する必要があります。. しかし、灰色の表面には、白い塗料が急速に発送することができ、ほこりの外観に気づくことは非常に困難です。.

建築家、最大の建物の感覚を作り出し、常に光、ほぼ透明な塗料を使用しています. あなたが視覚的に別々の部屋や部分を増やす必要があるとき、彼らのデザイナーはフォローし、デザイナー. 同時に、絶妙なインテリアの実証とともに、色の組み合わせの法則に準拠する必要があります.

ベージュとクリーム色調への過度の情熱は、薄暗いと違反のない部屋の壁を作ることができます. しかし、あなたがそれらを暗い色と巧みに組み合わせるならば、それはエレガントで魅力的な態様.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

設計(製品、建築要素)が複雑な幾何学的形状によって区別されている場合、それはまたライトトーンで塗る必要がある. 明るい色の隔離は、小さな部分を持たない単純な構成の目的に適しています.

黄色または金色の壁は、窓とダークウッドで作られたドアと完全に組み合わされています。. しかしほとんどの場合、デザイナーはより伝統的なオプションを使用しています – コントラストの原則の中でインテリアの白と黒の塗料を組み合わせる. 外の白い壁はほとんど美しいです。. しかし、そのような決定の灰色のトーンは消えて正しくないようです. 最も明るい設計要素を支払うことが好ましい。.

マットペイントはそのようなエレガントな輝きを光沢のあるものに与えることはできませんが、 それは材料のテクスチャを隠さない. 木の染色のために、この瞬間は特に重要です. ファサードの壁のデザインだけでなく、アート工芸品の創造も懸念. 半透明の塗料は同様の効果を与え、ソースのテクスチャをさらに開く. 最初のケースでは、贅沢な塗料やワニスは最初のケースで、ローラーの安全なものを見つける必要があることが必要です。.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

水面

特定の塗料の選択は、分離される木の表面の特殊性と機能によって決定されることを覚えておくことが重要です。.

  • 家の中の階段のためにあなたはかなり広い範囲の染料を使うことができます. 木の元のパターンが非常にエレガントで、あなたがそれを隠したくないとき、それは非ペンキ、ならびに光沢またはマット効果を持つニスを使用する価値があります. テクスチャーを節約すると、プライミングサーフェスのない軽い塗料が適用されます。. これらのパラメータと共に、それは急速な乾燥および持続的な濃縮された匂いがないことが非常に重要です.
  • 段差ができる限り高い機械的抵抗に異なる組成物を覆う必要がある. あなたの階段が家の外にあるか、主に路上で使われるならば、それは屋外仕事のための木材塗料を使うことをお勧めします.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

  • 困難は非常に多様であり、それらの特性が異なるので、窓のための塗料を引き起こすことが多い。. 窓の外側を染色するための必須要件は、湿気や寒さ、効果的な対戦微生物、厳しい運転条件下でも軽い磨耗および退色の作用に再発可能である.
  • ペイントがこれらの要件を満たしていない場合は、操作に適していません. しかし、毒性のレベルはそれほど重要ではないので、あなたは静かにさまざまな要因に最も抵抗力があることを選択することができます. それは多くの温度差が経験するので、塗料がどのようにプラスチックになるかを尋ねる.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

選択するもの?

木を塗る前に、いくつかの最も重要なポイントを考慮する必要があります。

  • 加工デザインの品種。
  • 製品が使用される条件(適用されます)。
  • コーティングが初めてまたは前の層の上に塗布されるかどうか。
  • 塗装後の表面の外観は何が透明であるか、まったくスキップされていない.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木のための眼窩的着色混合物はほとんど常に3つのグループのうちの1つのうちの1つに属します:アルキド、アクリルまたはオイル.

  • アルキドペイント シベリアの霜でも急速に乾燥させやすく、それが深く浸された場合は適していません. 通常、そのような組成は通りのドアの設計、窓枠またはファサードのために必要である.
  • アクリル樹脂に基づく塗料 それはより近代的で実用的であると考えられていますが、そのコストはかなり高いです. あなたが完全に安全なゲームルームやストリート構造を作りたいのであれば、支出は正当化されます. 木材は「呼吸」し、ブラシだけでなく他の道具によってもアクリル塗料を適用することができます.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

  • 油絵具 毒性のために実質的に使用されていない、他の染料と(再染色を伴う)、不快な臭い、そして昇華の危険性が高い. さらに、これらの着色混合物はより便利なアクリル塗料よりも高価である。.

オイルベース上の染料が使用することを望んでいる場合の唯一の症例は、作業量を減らし、徹底的に木材を浸す必要性です。.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

  • 装飾のためにあなたは選ぶ必要があります 留め具, それは破壊的な環境への影響から木を守ります. そのような物質の利点は、最大厚い外層の形成である。. 材料への深い貫通と水で塗られた表面への損傷の不可能性は、建物の外面を仕上げるときに非常に重要です。.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

製造業者とレビュー

建物の塗料は多くの企業によって製造されていますが、誰もが本当に高品質でまともな製品を生産するわけではありません。. フィンランドの企業Tikkurilaの製品の注意は、長年にわたり、ロシア市場で主要な立場の1つを占めています。. このブランドの下に提示された塗料の中には、最も頻繁にシリコーン混合物を買う. 熟練したアプリケーションを使用すると、塗られた表面に光沢やマットの輝きだけでなく、サテンやパールの母などのテクスチャの模倣でさえ.

スカンジナビアの開発は蒸気を逃し、これは湿気の停滞はないことを意味します. 彼らは長い間役立ちます, 人々や自然のために完全に安全は実際には機械的な露出の影響を受けません。. 消費者は、最小限の汚染と比較的小さい材料の消費として、これらのコーティングの前の側面に注目してください。.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

民家のファサードのために、塗料は広く使用されています ブランド「カパロール」, それらの中からあなたに適した染料を選択するので、調流は難しくありません. 耐用年数、環境、衛生的な安全性を心配する必要はありません. ほとんどの場合、Azureが使用されています。これにより、外部構造 – 屋根、室内装飾品材、要素、フレーム、木製ゲート、シャッターを分けることができます。. “Kaparol”に “Kaparol”にはあなたが木のテクスチャと色を最大にすることを可能にする解決策があります.

スロベニア企業Belinka 幅広い色を生み出し、木の表面を保護する手段. それらのすべては自然な質感を強調するように設計されています、あなたはあなたが望むように誰かを誰かに与えることができます. Toplasur UV Plusは紫外線をブロックしており、木の種類を最も求めている色で変換します。. レビューで判断すると、最初のレイヤーには多くのペイント消費が必要ですが、木の構造に集中することを許可するのは彼です。.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

ドイツの絵画ゾベール ロシアの基準と実用的な利用規約の要件に完全に準拠しています. 風邪の強いばく露でさえ、彼らは自分自身を最良の側から見せる, 未然の利点は、ペイントを個別に構成する能力です。.

多くのレビューから見られるように、剥がれずに保証された耐用年数は、住宅のファサードでさえ5年以上です。.

製品 バイオフィア それはかなり完璧であると考えられていますが、塗装ではなく木を着色効果で治療するための油のようなものであることを考慮に入れる必要があります。. あなたはそのような製剤をよくオレンジ色で磨かれた表面にしか適用できます。.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

DUFA。 かなり広い範囲の塗装組成物を表します. それらの全ては無水(環境にやさしい)であり、特定の適用条件で選択することができます。. 市場に(発信者が必要)と最も明るい着色組成物に耐湿があります. この会社についての製品は専用です.

シッケンズ。 約2世紀にかけて、典型的な解決策に限らず、本当にオリジナルのインテリアを作成する優れた塗装材料があります。. ユーザーは、必要な色合い、非常に有利な価格、そしてこの製造業者のニスや塗料の使いやすさを検索しやすいです。.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

成功した例とオプション

さまざまな組成でいくつかの良い木の着色オプションを考えてください。.

テラスのために、ツリーの特定の木のすべての機能を考えると、できるだけ正確に塗料を個別に拾う必要があります。. 木の開いた領域が暗くなる必要があることは間違いありませんので、通りとほこりは悪影響が少ないです。. 同時に、インテリアボードのために、そのような要件は必ずしも提示されるわけではありませんが、設計者の考慮事項だけ.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

「古い」の下での染色は、常にパティナ効果の使用を意味するわけではありませんが、それは暗くて飽和のトーンを使うべきです。. 写真は元の明るい木の背景を置き換えるのではっきりと見えます。.

ポリマー塗料の使用は、それらの高い透過性能力、紫外線に対する低感受性、化学的および大気抵抗によって正当化される。.

木の塗料を選ぶ違い

木の塗料を選ぶ違い

あなたは赤、ライラック、黄色または緑の色調を選ぶことができます – 彼らはすべて同様に魅力的に見えるでしょう.

木塗装技術は次のビデオで見るでしょう.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する