ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

建設作業は常に多数の異なる留め具を必要とします. 最も簡単で最も便利なオプションは自己タッピングネジです。. しかし、いくつかのモデルは掘削後にのみ材料に固定することができます. そのような仕事をより迅速かつ快適にするために、あなたは特別なものを使うことができます ドリルを持つサモア. 今日私たちはそのような製品の機能と彼らができるサイズや種の特徴について話します.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

特有の

原則として、ドリル付きのセルフタッピングネジは金属構造を固定するために使用されます. 彼らはほとんどの場合、小さなステップの糸で鋭い先端を使って生産されています. そのようなクランプの品質の要件は、 GOST 11650-80.

これらのファスナーを使用すると、できるだけ強く、耐久性のある金属構造を強くすることができます。. 彼らは金属板を密着させます. さらに、これらのセルフタッピングネジは必要です 特別な保護適用で覆われています, ロックの表面に腐食が発生するのを防ぎます. 最も一般的なオプションには、作成する物質が含まれます 亜鉛めっき コーティング. しかし、治療されたモデルも存在する リン酸 組成物.

茶色またはドリルを使った自己プレスの設計は、3つの主要な要素で構成されています。

  • 先端の先端。
  • スレッド(そのターンは金属ロッドの全長に沿って帽子に沿って行く)。
  • 帽子(それはサポートとして機能し、その要素は重大すぎる材料に入らない).

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

種のレビュー

セルフショットのチップは別の分類できます 看板. したがって、種類の種類によっては、次のように分かれています。 models models.

ヘキスキングヘッド製品

そのような適応は通常のボルトと外部的に類似している。. だけどあの人達 珍しいネジねじとやや鋭い先端とは異なる. これらのサンプルは通常大きな塊状の木材構造を固定するために取られます.

あなたがダボと一緒にそれらを使うならば、彼らはコンクリートの表面に適しています.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

プレスパックで固定する

これらのファスナー 帽子正方形の接触面積の拡大領域とは異なる. プレスワッシャでは、木や金属板を密接に押し付けることができます(しかし、それらの厚さは10ミリメートルを超えてはいけません).

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

拘束ヘッドロック

ほとんどの場合、それらは木製のシートを取り付けるために使用されますが、それらは金属に使用することができます. これらのタイプ 普遍的なオプションと見なされている、彼らはスレッドの中央ステップを持っています、彼らの頭は特別な強化された焦点によって区別されます, しかし、それらが素材に固定されているとき、あなたは多くの身体的努力を使ってはいけません.

原則として、そのようなタイプはあなたが最高の精度でアイテムを固定することを可能にする十字形のスロットを使用して生産されています。.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

半球の頭の固定機関

ファスナーのための同様のオプションも ユニバーサルグループに起因する可能性があります. 彼らは強い先端の先端を持っています. モデルが考慮されます 金属製のフレームを木箱に固定するための最も適切な選択肢. 彼らは互いにプロファイルを取り付けることができます。.

半球形の設計を持つサンプルは、ベースでわずかに締め付けられた材料を作ることを可能にするプレスワッシャを使用して、より信頼性が高く耐久性のある固定を提供することがよくあります。.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

自己タッピングネジ

同様の種類の留め具 金属プロファイル、主にアルミニウムとの軟陽合金から製造された金属プロファイルを取り付けるために使用することができます. 頭上には十字形の形の小さなスロットがあり、そのような要素は強力なドライバーのためにネジを適用することを可能にする. 製品の中央棒は同じタイプの密な糸を持っています.

詳細の先端は強く指摘されています.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

鋭い先端を持つ自己タッピングねじも 彼らが使うことができるものに応じて分類する.

木の上に

木材、ライニング用ファスナー 細いネジの形で希薄な糸を持っている. 木製の製品は加工に柔らかくて適切と見なされるので、それらはそれらのために鋭いネジすぎる必要はありません。. 速い穿孔なしでは、速い表面に挿入することができますが、ドリルを持つネジはこのプロセスを大幅にスピードアップすることができます。.

多くの場合、そのような自己タッピングねじは白または黄色の頭で作る.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

家具ねじ

同様のオプション チップボードとMDFボードを固定することができます。そのうち家具構造は主に製造されています. 固定要素には50ミリメートルの伝統的な長さがあります. 帽子六角形.

彼女は六角形の下で特別な鼠径ニッチを持っています.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

屋根ふき

ドリルを備えたそのようなネジは六角帽子と特別なゴム層 – ガスケットを持っています. 最後の要素はそれが大量の水分から十分な断熱材を提供するので、それはまた重要な役割を果たし、それはまた償却複合シールとして機能する.

屋根化タイプは多種多様な色で製造することができます、この場合、選択は屋根の色域に依存するでしょう.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

抗海底品種

これらは 特別な先端ネジは特別な溝を持つ帽子を持っています. 彼らは星、多面形の形をしているかもしれません.

標準的な家庭用具防止ねじは回転しない.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

セルフタッピングネジも互いに異なり、スレッドの種類によって異なります.

  • 大糸. 原則として、それは金属棒の全長に沿って行き、稀なステップを持っています. このモデルは、木材、石膏、プラスチックの種類が異なるなど、柔らかい材料を扱うために訴えることができます。.
  • 平均. このスレッドは自己タッピングのユニバーサルタイプにあります. そのようなモデルはほとんどすべての材料を固定することができます.
  • 頻繁な双方向彫刻. このタイプは金属の薄いシートを扱うのに適しています。. ロッドの端には薄い鋭い先端があります.
  • 非対称糸. それは製造においてしばしば、家具構造を築くために取られることができる国内の状態で使用されます.
  • ノッチ付き可変彫刻. このタイプは、ダボを使用せずに、レンガまたはコンクリートの表面に製品を取り付ける必要がある場合に適用されます。.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

寸法

ヒントで自己タップを買う前に、それは彼らの特別な注意を払う価値があります サイズ, 結局のところ、将来の作業の質はこれらの特性によって異なります。. さらに、あなたが正しく必要な場合 処理されている材料の寸法でこれらのパラメータを修正し、表面の種類(木材、金属、石膏ボード).

インターネットでは、さまざまなSAMの標準寸法が表示されるテーブルを見ることができます。. したがって、それらの長さは最も頻繁には13から51 mmの範囲でさまざまです. 頭の直径は約7 mmにすることができます. プレス座金の直径は10~13 mmに達する. 非標準サイズを所有しているノノインモデル. したがって、屋根ふきを意図したモデルの長さは150~170ミリメートルに達することがあります.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

選択のためのヒント

ドリルで適切なネジを購入する前に、いくつかに特別な注意を払う 選択規則. 最初にあなたが留め具が必要なものを考えると考える. したがって、木製の製品の処理のために、金属のオブジェクトのために、希少なスレッドでサンプルを拾うことができます。.

また慎重に見て購入する前に 寸法 自己タイマー. 薄い材料の場合、大きな直径の長すぎるモデルに選択しないでください. 最近の選択肢は、小さな厚さの木材または金属シートの留め具に適している可能性があります。. 大量の固体構造には、より大きな品種がより頻繁に使用されています。.

屋根の設置のためにそれは屋根の種類だけを購入する価値があります. 彼らは凹部の最大シーリングを提供します.

これらすべてのモデルは耐久性のあるプレス洗濯機を備えています.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリル付きの屋根ふきのネジが生産されています 帽子を特殊なポリマーで処理した, 特別な保護コーティングを作成します. より頻繁に彼らは人工ゴム製の押された枕を持っている. この処理により、これらのファスナーを屋外のインストールに適用できます。. 屋根化モデルも異なり、屋根の厚さに応じて選択する必要があります。.

ネジを慎重に検討してください. それらの表面は曲率なしで絶対に滑らかでなければなりません. 糸にも小さな不規則性があるかもしれず、そのような製品は処理されている材料を損なうか、または単に運転中に大量のゴミの形成をもたらすことができる。.

タッピングネジが特別な保護アプリケーションで覆われていることを確認してください。. そのような配合物はあなたが製品上の腐食の形成を防ぐことを可能にする。. 最も最適な変異体は、亜鉛メッキまたはリン酸化コーティングを作り出す物質であろう。. チップの種類も大きな役割を果たします. モデルは、リン酸化を通過した尖った黒い要素、または軽い亜鉛メッキ端を装備できます。.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

時々チップはもう2つのタイプに細分されます。尖ったモデルや運転.

  • 最初のオプションは、プロファイルを互いに固定するために使用されます。. それは比較的小さいサイズによって区別されます。.
  • 2番目のオプションは、プリドリルが必要な場合、またはダボをインストールするときに取られます。.

丈夫な機械加工金属製のセルフタッピングネジを購入する. ほとんどの場合、さまざまな種類の高品質の鋼鉄から作成されます。. 彼らは簡単に素材に入り、気にしない. 軟質金属合金製の品質の低いサンプルは長期間生きることができないでしょう、それらは既に設置プロセス中にすでに変形します。.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

使用法

そのため、ドリルを持つネジをしっかりと材料に保ち、固定を確実にし、次のようにします。 インストールに関するいくつかの規則に従ってください. 金属製のプロファイルを取り付ける場合は、ネジを徐々にねじ込み、得点しないようにしてください。. ネジを特定のステップでねじ込んでください.

それが金属であるより厚い、デザインの負荷が大きい. 金属用の部品は可能な限り最高の先端で製造されているので、材料を温める必要はなく、別々にドリルを追加の穴が必要ではありません. 質の高いモデルは疑問にせずに被験者でしっかりと収まるでしょう.

屋根ネジを取り付ける場合は、ハンマーを少し上げることができます. 彼らが得られないように慎重に必要ですか.

木のモデルはしばしば同じツールによって徐々に駆動されたばかりです。.

ドリルでブラザーについて知る必要があるのはすべて

ドリルを使ったシンプルなネジでどのような金属を掘削することができます、下のビデオから学ぶことができます.

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する