家具のダボ:選択の特徴と使い方

家具のダボ – プラスチック、金属、木製、その他の種 – 状況の目的を壁の表面に固定するためのものです。. 建設自体は通常、より多くの留め具の助けを借りて、他の方法で収集されます. 家具の爪の下でダボを選ぶ方法、それを統合すること、考慮すべき機能はより詳細に話す価値があるのです。.

特有の

特別な目的を持つ留め具の多くの種類があります. この概念の下では、家具ダウェルは通常、吊り下げ式キャビネット、棚、壁の貯蔵システムのその他の要素の場合に使用される製品を意味します。. この要素は、コンクリートの垂直に配置された表面への挿入、フルまたは中空のレンガ、ドライウォール、セルラーブロック、荷重下で運転された物体を確実に固定するのに役立ちます。.

家具ダウェルの報復部分は、木、ネジ、測定糸付きボルト、またはヘアピンが最も少ないことが多いです。.

ビュー

家具に適したダボの種類が異なります。. 通常、それらは、製品が取り付けられている壁の表面などのファスナーの直径に基づいて選択されます。. NS セルフ5 mmの下では、同じスレッドパラメータを持つプラスチックまたは金属からのインサートが必要になります。. 迅速な設置、金属とプラスチック要素が壁にねじ込まれた. WANNED – 木製の、家具のための機能的な目的についても少し似ています。.

環境のオブジェクトを付けるのに最も適したものは、ダボのためのいくつかのオプションであると考えられています。.

  1. ユニバーサルポリプロピレン. それらは、本格的なレンガの壁にファスナーを作り出すときに使用され、固体の非特異構造のコンクリート.
  2. アークを持つナイロン. それらはスペーサー表面を増加させ、耐久性のある弾性材料でできています。. 多孔質壁の設計では、長さと直径に対応する穴が穿孔されている. 固定ファスナーは、ネジまたは自己プレスにねじ込むときに行われます。.
  3. 口ひげを持つプラスチック製スペーサー. 本格的なレンガ、コンクリート、石の壁への取り付けに使用. デザインでは舌を塞いでいて、その軸の周りのダボの回転を排除し、歯を分割する.
  4. モリースチール. M6、M8、M8、M8、M8の最も人気の高いサイズ. それは中空石膏ボード構造、レンガで使用されています. 製品の中央を設置した後、穴の中のダボの逆ストロークを防ぐことが明らかにされています.
  5. スチールの迫害またはダウエル釘. それは袖の前に配置されずに石膏ボードに包まれています.
  6. “蝶”プラスチック. ライト家具のデザインをぶら下げぶら下がっているときに使用されるモリーに似ています. ライトシェルフを合板、ドライウォールからの内側中空隔壁に固定するために使用できます.
  7. アンカー. スチール製. レンガとコンクリートの固体壁の目詰まり方法で設置. 重い家具をぶら下げたときに使用されます.

これらは、壁の表面への環境の様々な物体の取り付けに使用される主要な多様品です。.

選択

適切なダボの検索では、家具が付着する表面の種類を考慮に入れる必要があります。. 木製の壁には設置されていません。. それ以外の場合は、専門家の勧告を考慮する必要があります.

  1. レンガやコンクリートへの取り付け. それは単純な金属またはプラスチックのダボ、爪の下の木の管を考える価値があります. 壁の負荷が大きくない場合、彼らは十分でしょう、それは棚や台所の内閣をぶら下げすることが計画されています.
  2. 石膏ボードでの取り付け. ここでは特別なダボが使用され、信頼性の高い固定を確実にすることができます. これらは「蝶」やモリーのような製品であり得る.
  3. 最小限の追加の装飾やバックライトでライトシェルフを固定する. それらのために、ナイロンからのDowels-Bootsまたは “Butterflies”の十分な使用になるでしょう.
  4. 重い、強い積み重ねられた棚. ストレージシステムの台所、住宅地、ワー​​クショップの最も責任あるセクションでは、最も信頼性の高い金属製のファスナーの使用が必要です. これらはモリーダボまたは古典的な金属のオプションであり得る.
  5. 壁のプレミアムで. 室内装飾の下に基部が隠されている場合は、横方向フレームワークの同様の特性に等しい厚さの真鍮ブックマークを適用する必要があります。. ここで最高の留め具がモリーになります.

これらの推奨事項は、壁にぶら下がっているか、またはそれに固定する必要がある任意の種類のファスナーを選択することが許可されます。.

申し込み

従来の家具設計の組み立てのために、ダボは必要ありません, ここでは、必要な接続強度を保証する確認、レンチ、スクリードを使用しています. ストレージシステム – ラック、内蔵ワードローブ、マウントシェルフ、「壁」 – ファスナーを適用し、荷台を積み重ねることができます。. この場合、ダボと自己サンプルの中間要素はすべての種類の「角」と警察署です。.

ほとんどの場合、そのような締結具は、キャビネットの上部列を台所のヘッドセットに固定するときに使用されます。. さらに、この方法はワードローブ内のモジュールの不可欠な接続によって行われます、本のための棚が掛かる. 子供の部屋に設置された家具のセキュリティシステムも、壁への固定を意味します. ダボの助けを借りて、ミラーは固定されている、状況の目的を装備.

次のビデオでは、それは家具のためのダボについて知らます.

記事を評価する
( 評価はまだありません )
コメントを追加する

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: