ダイヤモンドの掘削についてすべて

ダイヤモンドの掘削の特徴についてのすべてが、この技術を解決するためにこの技術を解決するか、それが終了するものを徹底的に理解する人々を知るのに有用です。.

それは何ですか?

ダイヤモンドの掘削– 科学的成果が適用される現代の技術の1つ, 基本的に可能なプロセスを安価で実質的にしました. スイスの時計メーカーがドリルツールの製造のためにお気に入りの宝石商の石を使用していると提案し、それらの最初のものを作ったときは、その方法の視覚的なすべての利点となりました. その広範な使用の障害は、硬度スケールで10から10ポイントで使用される天然原料の高コストのみでした。.

人工ダイヤモンドの生産は、ライプタンクの博士の巧妙な発見のおかげで、その後核兵器の創造に参加して、宝石商からの特別な興味を引き起こさなかった. しかし、強度特性の保全は、科学的および産業部門のための様々な必要性のための道具を製造することを可能にしました。. 建物建設のための新しい材料の作成後に受信された建設ダイヤモンド掘削の幅広い用途 – モノリシック、鉄筋コンクリート. それは難しいツールで穴を作ることが難しいでしょう(そして時にはそれは単に不可能です).

今、それは多くの場合、通信を築くことができ、仕事に費やされた時間を短縮することを可能にし、ビルダーの複雑さを表す長期のプロセスで避けられない財政損失を最小限に抑えます.

独自の技術の復元、住宅の建設、道路、地理学的研究は、その疑わしい利点によって説明されています。

  • 理想的に滑らかな表面を内側に滑らかな表面を有する任意の直径の正確な穴を迅速にする能力。
  • 平面範囲 – 制限なしに、ほとんどすべての平面で働くことを可能にするさまざまなインストールがあります。
  • 他の穿孔方法の衝撃や振動がないため、表面の欠陥の除去。
  • 隠されたひび割れ、歪み、近くに設計されたデザインの衰弱の外観もなく、強化を切り出す場合でも、相対的な卑劣な作品。
  • 処理された内面の強度の保存。
  • ツールを使用することの長期保証 – ダイヤモンドエッジの消去は多層マトリックスの新しい切断層につながり、そして長い間に長時間行われた仕事の品質.

理想的なツールは起こりませんので、建築者はいくつか呼び出します 否定的な瞬間 – 例えば、処方された技術を観察することなく、そして単に専門のスキルを持たずに高価なツールを迅速に持参する能力. 廃棄物があれば乾燥して濡れている方法で. しかし、利点は間違いなく、故障の修理費用でさえも、仕事への専門的アプローチの必要性と職業上の掘削が依頼されない.

ロシア連邦では、このプロセスのために何千人以上の種類以上のツールがあります。.

目的

どんな掘削でも穴を開けるプロセスであり、この意味のダイヤモンドは例外ではありません. これはまた、建設、修復、またはコンクリートまたは岩石の検査のためのサンプルを使用するための技術的プロセスでもあります。.

建設工程では、通路を行う必要がある、または鉄筋コンクリートの開口部を製造する必要がある多数の必要性のそれぞれについてダイヤモンド掘削を適用することができる。

  • 多数のコミュニケーションを築くとき – 換気、下水、暖房、ケーブルの下で。
  • 必要に応じて、基礎を通じて文明のこれらすべての疑わしい利益を実行すること。
  • 空調またはガスパイプライン下のあらゆる種類の空気ダクトの配置。
  • 基底地帯の窓のために、モノリシック建設技術が使用されているときの壁のドアと窓の開口部の配置で。
  • 階段の手すりを設置するとき、農民のための自然換気。
  • オーバーラップを通って消火する自動消火の警報またはシステムを敷設するとき。
  • 鉄筋コンクリート構造から産業施設を組み立てるとき、技術機器の設置.

シンプルなコンクリート壁はビルダーの特別な難易度を表していない、それはレンガと同様に、彼女の穿孔器と容易に分離することができます. しかし、鉄筋コンクリートに対処するのは、それがその中の鉄の継手であるため複雑です。. 理論的には、金属のための特別なドリルを使うことができます.

しかし、ダイヤモンドクラウンは簡単に克服し、他の材料が克服され、レンガの壁は時速早く開催され、それは柔らかい下水道に対処し、そして固体の自然な石があります.

クラウンとドリルが散布したパン粉をスプレーして、コランダパウダーは次の作品を実行するように設計されています。

  • 壁が全体の深さをとるモノリシック構造の掘削、表示窓を取り付けるための厚さの一部。
  • 材料がコンクリートであるベース、ストーブ、オーバーラップ、建設ジャンパーを通過します。
  • 舌を形成するために壁の煉瓦層に分割され、ジャンクションボックスを取り付けるためのニッチ。
  • 石積み、首都壁を通過し、材料が工場である深めを築きます。
  • 機器の留め具、技術的なパイプの通過、コンセントの変換のための深さ50~70 mmへのクラウンの通過。
  • 鉄筋コンクリート板の片。
  • 凝縮液、ファンドライブケーブル、エアコンケーブルの排出のための技術的なパイプの通過の幹を作ります。
  • ケーブルビーム、換気ボックスの通過のための技術窓を実行するための穴あけの重なり.

ほこりがない場合、穴のさらなる治療の必要性、亀裂の出現のゼロ、緊張の可能性、材料のすぐ近くにある熱損傷、具体的な強さ、火災、そして仕事中の騒音の低さを減らす – 受信したボーナスのいくつか.

カットの種類

ダイヤモンドディスクを持つツールは2種類のカットに使用されます。 乾いた濡れて. 理論的には、両方の方法を使用することができ、それが起こります:排水がない場合は、電流の下で​​入手できます。 無水, そして他の場合に – 水ダスト. 液体汚れの不利な点を湿式切断から考える人は、無水技術を参照することもできますが、特定の機能があります。.

ドライ

その小さな需要の現在の考えにもかかわらず、それは非常に一般的であり、提供されたプロのサービスのリストに常にあります。.

特殊性は既存の機器で穴を生じさせることです。

  • 食料企業で。
  • 織物工場で。
  • 印刷住宅で。
  • レザー技術で。
  • 実験室、小さいコンクリート粒子、パン粉、粉塵が産業系統、完成品、食品に有害な機器製作.

オープンタイプの建設現場では、縁石用の石が境界用に扱われるため、小さなニッチを作り、レンガはカットされています – これについては従来のESMとダイヤモンドディスクが必要です。その直径は現在で選択されます。必要性.

しかし、小さな部屋では、プロセスの開始後の短時間の後に、実際のダスト嵐、視認性の喪失、および空気を呼吸する能力があることを理解することができます。. 水なしで作業することの利点を考慮すると、湿った方法で掘削時に粉砕された材料の粒子が変換されない場合、それは電気流源がすでに近接して配置されている場合にのみ完全に実施されます。. 残りは呼吸器官を保護し、ほとんど盲目の仕事を守る必要があります.

濡れた

掘削機や準備金の職場への水供給によって達成される特別な騒音やほこりがないことで展望と主な方向. 汚泥の出口を恐れていない人のために、ほこり粒子と水を混合するときに現れる人々のために、高価な道具の保存、よりまれな予防的検査がある。.

乾式法は、恒久的な水源がない場合、そして他の場合には、マスターがより便利でより便利な能力として濡れるのを好む. しかし、様々なメソッドにのみリセットするための緊急の推奨事項は、さまざまな新興状況、作業が実行される規模または条件のために不可能です。. 一部の専門家は、表面の構造を考慮に入れることの重要性に自信がありますが、2番目の方法では制限がないという表示もありますが、水なしでは200 mm以下の直径を持つ穴を作ることができます.

装置

国内産業によってのみ生産されたダイヤモンドの掘削装置のための千以上の選択肢が存在するにもかかわらず、古典的な種類のツールは一貫して成ることがわかります。 クラウン、三脚、エンジン. このデバイスのデバイスの近くのデバイスの外部の単純さは、安価な機器を購入するときに複雑なジレンマを見ます.

三脚またはスタニナ – 使用モード、重量、および移動の相対的な移動の単純さ. 手作りまたは複雑なシステムのための掘削設置にすることができます. 極端な場合に対処できる小さな穴のための手動使用 穴あけ (ひび割れの危険ではない場合). スタニナ 特別な車では、回転軸に沿って車を動かし、大きな壁の開口部を作ることができます. 車輪を持つ自走式機械もありますが、代わりに使用することができます 特殊ユニット, 仕事中に掘削機を置くだけです.

電気、最も一般的な、油圧および空気圧、時にはガソリンでさえも、さまざまな種類のドライブがあります。. 固定タイプは、アンカー、真空ポンプ、または特別なスペーサーバーを使用しており、道路工事中 – 特別に提供されています。. 支援のためのラック 必要に応じて調整されている特定の傾斜角を作成するためのデバイスであることもできます。.

電力分割と直径は、同様の種類のプロセスのみを実行するモデルを購入する必要があるという意味ではありません。. がある 中流階級, 建物内の通信と配管の設置、および直径のための小さな穴をするための表面に固定されています。. ダイヤモンドクラウンは装置の端部だけでなく側部にも付着することができ、側部には異なる直径があり、体は固体または穴がある. ユニット自体は時々ある直径でのみ計算されることがありますが、可変の直径を使用して取り付けられる設置にはより一般的です。. 掘削やダイヤモンドのスパイラルドリル用のドライブがあります(小さな穴用).

近代化されたモデルは電子制御、追加機能を示唆しています (完全な運転時間を延長する完全な、表示、コントロールパネル、その他の革新の中で作業時の自動シャットダウン). ハンドドリル ダイヤモンドの掘削のためにいくつかのモードで働くことができます.

幅広い用途や備品の多様性 成功の主な部品 機器の品質は常に、技術の適切な選択とアーティストのスキル. インストールまたは労働スキルを購入することができない場合は、専門家への重要な使命を委託することをお勧めします。.

購入する前に、あなたはたくさんのコンポーネントを考慮して、彼らの包括的な計量の後にのみ選択をする必要があります。.

テクノロジー

希望の直径の穴をどのように作るかについての推奨事項は、複雑な設置に関して、または常に通常のドリルを使って常に手動ダイヤモンド掘削のためのツールを取得している場合に迅速に準備された人の技術を促すことが多数の推奨事項について. 中間直径の穴でさえドリルするためには、電力予約でツールを選択する必要があります – これは最大4000 Wの容量を持つ中間のクラスモデルです.300 mmの穴でも計算されています. 角度で掘削を行うには、傾向と規制を求めるラックを購入するが、高直径の穴に適しているのは強力な専門的な道具だけが適しています。.

彼らは通常建設、再開発、オーバーホールに従事している組織を購入します. 彼らが彼ら自身で行われた私立建設に必要な場合は、そのようなリース適応を行うことができます. 建設市場のこのセグメントにはサンプル製品が不足していませんが、専門家の意見を聴く – 困難な場合(ガスパイプラインの財団や機器に産む際には届かない場所)に連絡するのが良いです。専門の機器の専門家.

記事を評価する
( 評価はまだありません )
コメントを追加する

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: