ねじの絵画について

自己タッピングねじは、ヘッドとロッドを有する留め具(メトーム)であり、その上に急性三角ねじがある。. メソのねじれと同時に、ねじが接続された表面の内側に切断され、それは接続のさらなる信頼性を保証します. 敷地内の建設や内装の飾りでは、ねじれに適用し、電動工具と設置の容易さを緩めます。. 現代の人は、適切なスキルを持たずに爪を獲得するよりも自己描画を使う方がはるかに簡単です.

ねじの絵画について

あなたが塗ることができるよりも?

自己タッピングねじのコーティングと塗装を混同しないでください. 染色は、目に見える部分にのみ適用された装飾機能を持っています。.

    ねじの絵画について

    コーティングは表面保護層であり、これは製品全体に完全に作用する製品の材料と化学的に組み合わされている。.

    ねじの絵画について

    炭素鋼グレードは、コーティングを形成する以下の組成物を製造する過程で処理される。

    • 耐湿化合物を作製するリン酸塩(リン酸塩コーティング)。
    • 酸素は、その結果として、酸化膜が形成され、水分(酸化コーティング)に敏感ではない。
    • 亜鉛化合物(亜鉛めっき:銀および黄金の選択).

    ねじの絵画について

    サンドイッチパネルや金属タイルを取り付けるとき、完成した設計の外観は、メインアレイとの色と組み合わされていない留め具を簡単に台無しにすることができます。. これには起こらないように、塗られたセルフタッピングネジが使用されています. 外部作業では、金属製ネジの粉体塗装を使用してください.

    シーリングワッシャの頂部だけでなく、帽子のみ(ラウンドまたは平らなベースの六角形の形で作られた). このタイプのペイントアプリケーションは、太陽光線、霜、降水量にさらされると持続可能な色の節約を保証します. ただし、屋内ネジを使用するときは、ハードウェアに自分の色を選択できます。.

    ねじの絵画について

    染色技術

    一連の動作は、調色が実行される目的に依存する。.

    製造

    専門の粉体塗装ファスナーはいくつかの段階で構成されています.

    1. 元素の予備的調製は、表面全体から微量のほこりと脂肪を除去する溶媒によって行われる。.
    2. 次に、セルフタッピングネジをマトリックス内に集める. シール洗濯機の位置を監視している(それは頭にしっかりと合わないでください).
    3. 粉末帯電粉末は金属上部に塗布され、その色がほこりの状態に浮かぶのがすべての不規則性、亀裂.
    4. マトリックスを染料が固体に焼き付け、結晶化し、所定の強度および耐久性を得る炉に移送される。.
    5. 次の段階 – 完成品の冷却と包装.

    ねじの絵画について

    家に

    様々な色の大量の液体または粘性複合組成物がある. 噴霧用の機器がない場合は、ペイント缶を使用すると、その色は固定された項目のトーンによって事前に選択されています.

    ねじの絵画について

    ねじの絵画について

    主な条件は次のとおりです。

    1. 新鮮な空気でのみ染色に伴うすべての行動は、野火から離れて.
    2. アセトンまたは白の精神を有する自己タッピングねじ.
    3. 一枚のフォームポリスチレンを採取した(泡と同様の断熱材、より耐性がある). 長さの3分の2の3分の1で帽子が昇らった. 互いに5~7 mmの距離.
    4. ねじを持つアレイ上の上に染料を滑らかな層に噴霧した. 乾燥後、手順は2~3回繰り返されます.

    ねじの絵画について

    得られた留め具を好ましくは低湿度の室内室内装飾用.

    下のビデオのセルフタッピングネジの塗装について.

    専門家のためのヒント

    • 屋根やプラスチックおよび金属製の屋外パネルの配置に関する作業が完了した場合は、工場カラーハードウェアの購入に節約する価値がない. 装飾的な、焼画の粉末方法も追加の保護機能を担持しています. 剥離ポリマーは、常時負の大気の影響から金属絶縁を提供する. 自宅では、そのような調整された製品を確実にすることは不可能です.
    • 高品質のセルフタッピングねじのバッチは、同じサイズのセクション、糸の長さおよび段差、ならびに1つの合金からなるべきである。. さらに、セルフテープは島の同様のシャープネス、異なる視覚的なものではありません. マーキングがあり、売り手はこの種の製品の技術的特徴を説明する証明書を提供します。.
    • これらのハードウェアを使用する場合、ネジ止めのための穴を調理する必要はありません – それらは独立して事前に事前に設備されています。.
    • 日常生活の中で小さな自己タッピングねじは、「シード」や「雲」と呼ぶことができます。. したがって、小さなマージンでそれらを購入することで、不足の場合には同じシェードを探すことはできません。.

    ねじの絵画について

    ねじの絵画について

    ねじの絵画について

    料金の記事
    ( 評価はまだありません )
    友人に共有する
    Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
    コメントを追加する