合板のための自己タッピングねじを選ぶ

床に惑星を固定すると、自己描画よりも便利です. これは仕上げ材を敷設するための実用的な方法です。. さらに、この方法は装飾的なトリムで作ることができます. ブラックの合板の床には多くの利点があります. そして留め具の安定性は自己底の選択に影響を与える.

自己タッピングねじは、異なる種類のフロアカバーに適している特別な固定要素です。

  • 木製(チップボード、合板、接着剤、純木);
  • 石膏ボードから。
  • 金属(シートの形で).

セルフタッピングスクリューは、便利で速いねじ止めのためのねじ山と頭を持つロッド要素です. 自己収容の選択は材料の厚さによって異なります. 彼女自身はステンレス鋼、炭素鋼または真鍮製で作られています.

財務計画で最も一般的で財政的に入手可能なは、異なる種類のコーティングを伴う炭素鋼で作られたままです。.

ビュー

ハードウェアは木の床に合板を敷設するときに正常に使用されます. 多くの場合、機能が失われるために、木の床は過剰に懸念されている場合、または使用不能になった場合、ぼろぼろの景色を取得する必要があります。. ほとんどの場合、この目的のために、セルフタッピングネジ.

サイズ(例えば、10 mm、厚さ12 mm)の自己サイズを分類してネジ付き. そのため、ハードウェアは次のとおりです。

  • 従来の糸(例えば、接着されたベニヤシートの留め具のための様々なコーティングに完全に適している)。
  • 頻繁なステップを持つスレッド(留め具が金属板または金属板に行われる場合)。
  • まれなステップを持つスレッド(プラスチックや合板などの柔らかい素材にファスナーを実行する必要がある場合).

    インテリアアイテムの留め具のために、ねじハードウェアのための合板シートの特別な敷設技術が適用されます. 50 mmの間7 mmを告白します. ねじをねじ込むために、材料の前に一連の穴が作られています(たとえば、5~8 mmの穴になる可能性があります。.).

    スクリューキャップを「隠して」作業をするために。仕上げと美的外観、装飾的なライニングが特に使用されています。. それらは材料の色によって選択されます.

    練習が示すように、ハードウェアは様々な種類の修理作業で有効です。. ハードウェア上のファスナーには、次の点があります。

    • 重なりのたわみがないと、遅れの木の床に合板を固定することができます。
    • 高品質のフローリングの場合、作業計画は自己使用を使用して作成されます。
    • 設置するときは、部屋の湿度のレベルを考慮に入れることが重要です。たとえば、バスルーム内の床は時間の経過とともに膨潤しなかった。
    • 合板シートの予備的マーキングは設置作業をスピードアップします。
    • 自己タッピングねじを使用して、それらは互いに対して特定の距離に配置され、エッジから少なくとも2cmの刻み込み、および20 cmの増分で配置されます。
    • 床に合板を敷設するとき、少なくとも1.5 cmの間隙が残っています。
    • 上に敷設するすべての要素は、2 mmに深く「溺れる」必要がある必要があります.

    床に合板を敷設するためのハードウェアを選択すると、接続要素の長さと厚さが厚くなるべきではないと考慮されます。.

    合板のための自己サンプルを選択する

    修復のためのハードウェアのさまざまな変形例を使用すると、インストール作業の全範囲を実行できます。.

    • 屋根ふきねじは六角形の頭部の存在によって区別されており、金属タイルや山羊に使用されています. そのような自己タッピングねじの長さは、4.8および6.3mmのロッド直径を有する19から100mmである。. 無私無欲の帽子は色方式で異なる – 屋根の陰の色合いに応じて、赤と茶色から緑または白の色へ. 亜鉛メッキ帽子または洗濯機を有する着色ねじはありません.

    • 家具のこぎり – 確認 – 家具組立工程で広く使用されています. 六角形の下のヘッドを考慮して、それらの最も一般的な長さは最大50 mmを作ります。. ファスナーの前に、確認可能なドリルを使用して重大度が必要です。.

    • 自称建設山脈. そのような名前は厚いロッドと六角形の頭を持つハードウェアを受け取った. ファスナーは、複雑なノードを固定するための重い構造を使用して、そして追加の信頼性と強度が必要な場合に使用されます。. 例えば、それは、二重化された屋根または木製のラフターシステムの設計、ならびにフロア間の重なり選択肢であり得る。. 茎の自己形「Mearchar」の厚さは、10から19 mmの六角ヘッドで6から10 mmであり得る。.

    • 木や合板で作業するときのセルフタッピングネジ. それらはスペーサーダボと一緒にファスナーに使用されています. また、民間家でも、そのような自己底なしではアパートの中でもできません. 木材材料の留め具のためのハードウェアはそれ自身の特徴を持っています。. それらは、十字形コネクタ、ねじの希少工程、鋭い先端および半円形の頭部の存在によって特徴付けられる。. この種の自己タッピングねじは、コーティングに特徴的な違いはありません – 黒、銀、黄色、白.

    • 金属用のハードウェアは頻繁な糸とドリルエンドで異なります. セルフタッピングネジが見つかりました: “klop”、黒いコーティング付きハードウェア、亜鉛白または黒でコーティングされた. したがって、石膏ボードに金属を固定するときは、黒いコーティングねじが使用されています. 製品の表面を接合すると、ファスナーがより信頼性があります.

    • コンクリートを自己タッピングするためのオプションがあります. 彼らのミンティングダボのために必要とされていません. ハードウェアをねじ込むためには、材料の穴がファスナーの直径に対応する直径によって穿孔されることを考える価値があります。.

    利用規約

    Fastenerの直前に、初期作業を実行する必要があります。

    • ハードウェアで合板を敷設する前に、床は汚れやほこりをきれいにする必要があります。
    • 合板または他の材料のシートの高品質な敷設のためには、基本ウェルにまたがる必要があります。
    • 材料の表面を通り抜けるのに十分な紙紙(特に縁部)が時々
    • より大きな強度と信頼性のために、床の表面は特別な組成、地面で扱われます – これはすべての微小亀裂を排除するのに役立ちます。
    • 床の表面上の作業の前に、床材の材料とセグメントをレイアウトする前に.

    今日の建設はフローリングの固定方法の多くを使用しています. 材料の品質やベースなど、締結システムの選択に影響を与えるいくつかの要因がいくつかの要因. 合板のためのハードウェア(または無私)は、材料の高品質で信頼できる固定を木の床に提供するために使用されています.

    記事を評価する
    ( 評価はまだありません )
    コメントを追加する

    ;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: