テーブルトップのブースについて

Planckの仕上げ – 卓上デザインの重要な要素. そのようなパッドは清潔さを支えることを可能にし、湿気から保護する. スラットにはいくつかの種類があり、それぞれが独自の機能を持っています。. そのような要素の特徴、選択の微妙さと取り付けを考慮してください。.

テーブルトップのブースについて

テーブルトップのブースについて

テーブルトップのブースについて

特性

カウンタートップのプランクは、その視覚的知覚のために、全体としての構造の審美的特性を担う製品です。. そしてそれほど邪魔されたことさえ、厚板の着色のような瞬間は、主要な要素の調色からの価値がないようです. 伝統的に、台所での夕食は白または非常に照明の輪郭を持つテーブルで慣習です。. この古い、実証慣行に挑戦するための等しいスコアはありません. しかし、プロのデザイナーだけが正しい決断をとることができる場合があります。.

低いサスペンションまたはフロアキャビネットの色を考慮して塗装が選択されています. しかし、しばしば反対の決断も実践されています(意識的なコントラストの課題に)。.

カラーカウンタートップは唯一の選択肢ではありません:定期的にそして黒種のそのような製品の黒種に。.

テーブルトップのブースについて

テーブルトップのブースについて

彼らはビジュアルラグジュアリーと良い味の感覚の評価です。. 重要なのは、非常に簡単に追加の効果が得られます。.

しかし 1つまたは別の着色を選ぶことについては後で考える価値がありますが、少し後ろに戻ってデザイン自体が何であるかを見つけるのは便利です。. 普遍的なシールユニットは需要がありますが、カウンタートップは継続的に徹底的な機械的にさらされている(そしてそうでなく). そしてアパートでは、卓上の基本的な生産長が3-4メートルであることが多い。. もちろん、彼らは増えていますが、建物は常に破壊の影響を受けやすく、これはエンジニアを確認し、単に物理学を理解するでしょう. 壁の柔軟なプロファイルはフロントエッジ材料と同じタスクを解決しますが、その配置はやや異なりますが、これはすでに名前で述べられています.

テーブルトップのブースについて

ビュー

非常に重要な役割は、食器洗い機で保護板 – もちろん、シンクでもあります。. 彼女のおかげで、湿気や汚れがカットの中に落ちます。

  • 飛沫;
  • 噴射;
  • 凝縮
  • 太い;
  • 水蒸気;
  • 肉セグメント、野菜.

テーブルトップのブースについて

角モデルは主にテーブルトップ自体の要素を接続する必要がある場合に使用されます。. 基本的には、そのような製品はアルミニウム合金に基づいて製造されています. この保証:

  • 高強度;
  • 簡単な掃除
  • 金属表面の魅力的な装飾的性質。
  • 色の普遍性は、デザインの最も異なる色と完全に組み合わされます。
  • 温度変動と湿度の抵抗(鋼鉄モデルのこんな腐食防御のための堅牢な防御).

テーブルトップのブースについて

テーブルトップのブースについて

ほとんどの場合スリットプラランカは、既に述べた保護カテゴリを指します. 注意:そのような製品はまだドッキングまたは接続スペーサーと呼ばれることがあります. ここでは硬い標準はありません. 請求書は保護的役割の両方を演奏することができますが、直接表面にのみ適していることを理解する必要があります。. 後部と前面と狭く、前面、辺、T字形、左のプラトッパの設計も区別します。.

違いは懸念されるかもしれません. もちろん、木と黒い金属は適用されません. しかし、すでにアルミニウムとステンレス鋼は深刻な競合他社を持っています。. 場合によっては、厚板は厚いシリコーンストリップによって改良されています。. これは実用的ですが、魅力的ではありません。.

しかし、石の石はもっと美しく、そして信頼性が高いです.

テーブルトップのブースについて

テーブルトップのブースについて

寸法

市場には38 mmの製品があります. 通常それらは構造の部分を接続することを意図しています。. 注意:そのようなブロックが互換性のある特定のカウンタートップで明確にする必要があります. 典型的なスラット長は600または800 mmです. 幅に関しては、デザインをここで使用することができます。

  • 26 mm。
  • 28 mm。
  • 40 mm.

テーブルトップのブースについて

選択

まず第一に、要素タイプを把握する必要があります. キッチン用のコーナーストリップ(または卓上型のための)は、デザインの一部を90度の角度で接続できます。. そのような製品はバーカウンターラックを取り込むことをお勧めします。. 卓上の端を保護するためにエンド構造が適用されます. 純粋な化合物(直角ではなく、他の飛行機ではほとんどの場合、ほとんどの場合接触)は接続介護者によって確保されています.

家具の分離ユニットは必ずしも分割されたものと視覚的に調和させる必要があります。. 重要なのは、その添付ファイルの特徴も考慮する価値があるため、そうでなければ大きな不都合が発生する可能性があります。.

テーブルトップのブースについて

それは単純な家具と縁石のオプションについてです。. 板がオーブンと卓上の間、またはストーブとテーブルの間の間に保持される場合は、はるかに困難です. そのような場合は、金属構造を使用する必要があります。.

プラスチック製品は信頼できないです. 金属ははるかに強くなります. 卓上が夕食、夕食だけでなく調理されても、ナイフを使う、選択は非常に明白です. しかし、金属ストリップを慎重に撮影する必要があります. すべての傷や輝きな場所が見えるように、磨かれた製品はマットよりも悪いでしょう。. 残りはあなた自身の味によって導かれることができます。.

テーブルトップのブースについて

テーブルトップのブースについて

固定

大多数の場合、家具を組み立てるときにテーブルトップの板の設置が行われます. しかし、人々は製品を節約しようとするか、製品を交換する必要があることを試みる. それから彼らは自分の手で設置されるべきです。. 仕事のために、あなたはシーリング薬と自己タッピングねじが必要になるでしょう. 注意:固定のための穴がない場合は、独立して穿孔されています.

シーラントは周囲の全体を塗ることに頼っています. 標準成形方法は、シーラントがすでにしっかりと掴んでいるときに、バーが最後の場所に自己階段によって固定されることを意味します. 重要:この場合、彼らは不具合に見えるので、左右の製品を混同することは不可能です。. 他の微妙な、そのほとんど、忘れて、シーラントを適用する前に表面を清掃している.

それを均質で比較的薄い層に塗布します.

テーブルトップのブースについて

テーブルトップのブースについて

        エプロンとテーブルトップの間の硬貨を柔軟な台座と一緒に分類的に閉じる必要はありません. このアプローチはすぐに悪い審美的な味を持つ非常に貪欲な人々を発行します。. 最も最適なオプションは、テーブルトップとともに台座を購入することです。. これが不可能な理由であるならば、それは少なくともそれが行われた同じ会社へのそのような命令で回転する価値があります. それから問題は発生しません. 他のオプションもあります。

        • 中長台(システム「エプロンなしのエプロン」)。
        • 非常に同じエプロンの即興フェース。
        • エポキシベースのグラウトを使用する。
        • アプリケーションシーラント(さまざまな材料から製品をドッキングするときに役立ちます).

        終わりの板はしばしば精製されなければなりません. これはハードリブを取り外すのに表される. 後で干渉してもよい. ネジとセルフタッピングネジは慎重に掃除されるべきですが、停止するまで. これが不可能な場合は、穴を増やすか、メソームを変更する必要があります。.

        テーブルトップのブースについて

        テーブルトップのブースについて

        料金の記事
        ( 評価はまだありません )
        友人に共有する
        Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
        コメントを追加する