建設フェーンの温度

建設ヘアドライヤーは古い塗料コーティングを取り除くだけでは設計されています. 加熱特性のために、装置はより広い用途を有する. 記事からあなたはどのような作業の種類を学ぶでしょう、暖房を必要とする、建設生地を使って作ることができますか.

建設フェーンの温度

建設フェーンの温度

与えることができるもの?

建設ヘアドライヤーは技術的または産業とも呼ばれます. これはすべて同じ設計であり、その動作原理は熱風の噴射と所望の被験者への流れの方向の注射に基づいています。. 温度モードの特性に応じてデバイスの範囲が決定されます. テルマフェンはパラメータの製造業者によって加熱されます. 最小マークは50℃です。出力時の最大値は最大800度に達することがあります。. ほとんどのモデルは非常に許容される温度 – 600-650度を持っています. たとえば、1種類の作業専用の建設ヘアドライヤーが必要な場合は、塗装片を取り除いてから、簡単なシングルモードサーモケーフェンを購入します。.

しかし、さまざまな材料でさまざまな種類の作業でこのタイプの家の機器を持つ予定がある場合は、温度調整機構や様々なモードを持つデバイスを購入してください。. 最初のケースでは、これはより正確な(滑らかな)設定です. 機械的に(手動で)電子制御を使用して設定することができます. Thermofenのモード動作は選択された位置によって異なります。たとえば、300度から600までの段階的な切り替えを備えたデバイスがあります。. 温度モードのパラメータを別々に設定し、必要なオプションを自動的に含める。.

ヘアドライヤーの建物は、高温だけでなく、たとえば1つのファンでのみ作業することもできます。. 加熱機構を使用することなく、ツールをすぐに冷やすことができます。.

建設フェーンの温度

建設フェーンの温度

加熱温度を考慮した作業の種類

異なるレベルの温度体制で作ることができる作業の種類を考えてみましょう。. これは、サーモケンを450度に加熱したときに行うことができるものです。

  • 乾いたぬれた木と塗装片。
  • 接着剤接続を外します。
  • ニス分野を作り出す。
  • ラベルやその他のステッカーを取り外します。
  • 訓練する;
  • パイプ化合物と合成材料を形成する。
  • 透明なドアロック、車のドア、水道管;
  • 冷凍室を解凍するとき、そして他の場合には適用してください.

建設フェーンの温度

建設フェーンの温度

建設フェーンの温度

プレキシグラスとアクリルのためにあなたは500度の温度を設定する必要があります. このモードでは、ポリウレタンパイプも作業しています. しかし、それが600度に加熱されたときにサーモケンを使用することができますか:

  • 合成材料で溶接する。
  • 柔らかいはんだを飲み込む。
  • オイルペイントとワニスの新たな層を取り除きます。
  • 加熱乾燥項目を加工するときに使用します。
  • さびた癒着を弱めるときに適用する(ナッツの除去、ボルト).

建設フェーンの温度

建設フェーンの温度

熱風銃の使用のスペクトルはかなり広範囲です. 指定された作業に加えて、他の塊の他の塊、例えば、錫または銀はんだを有する注ぐパイプ(400度の温度)を製造することができる。. タイルの関節を乾かすことができます。. このようなツールは、氷の段差などの清掃のための冬に有用です。. 工業用ヘアドライヤーの各製造業者は、技術的なデバイスを使用するための指示を与えます. したがって、まず最初に、デバイスメーカーの推奨事項に焦点を当てるためにそこを探す必要があります.

運転するときは、過熱のためにそのような装置を破ることが最も多いと考える必要があります。. 熱い熱要素は壊れやすくなり、作業用ヘアドライヤーの終わりが特別なスタンドに置いた後、または冷却のためにフックに掛けることができます。. この装置はファイアハザードカテゴリと呼ばれ、そのため、火災の要件に準拠する必要がある任意の温度での操作で:まず近くの可燃品や液体を使用しないでください。.

すべての規則と製造元の推奨事項に従うと、最も安いヘアドライヤーは長持ちします.

建設フェーンの温度

建設フェーンの温度

料金の記事
( 評価はまだありません )
友人に共有する
Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
コメントを追加する