セメントとおがくずブロック

セメントとおがくずのブロックはArboliteと呼ばれます. 彼らは多くの利点を持っています、その中の中の中の中の中の吸音はあります. これは、低い建物や隣接する経済的建造物の建設のための環境に優しい、信頼性があり、手頃な価格のオプションです。.

セメントとおがくず木との混合物 – 軽量で信頼できる現代の建物の材料. それは高い断熱を持っています. このようなレンガは、住宅、様々なビジネスビル、浴場、フェンス、フェンスを建てるときに広く使用されています。.

セメントとおがくずブロック

セメントとおがくずブロック

組成と特性

セメントと木のおがくずからのレンガを作り出すために、GOSTによって開発された構成の特定の要件があります.

使用されるすべての資料は最高品質であるべきです:

  • 水は不純物を掃除する必要があります、あなたは雨や飲料水を使うことができます。.
  • ソーダーは腐敗と出現を防ぐために、よく乾燥して特別な解決策で浸してください。.
  • 砂 – 中程度または大粒子で使用されるほとんどの場合、あなたはそれらを細かい砂と混合することができ、それは全質量の10%を超えてはならない.
  • 推奨セメント – ポルトランドセメントクラスM400.

セメントとおがくずブロック

セメントとおがくずブロック

セメントとおがくずブロック

材料の品質を向上させるために、製造技術は水中で造られた様々な添加剤の2~4%を可能にします。

  • 髪の石灰。
  • 液体ガラス。
  • 塩化カルシウム.

セメントとおがくずブロック

セメントとおがくずブロック

セメントとおがくずブロック

セメントとおがくずからのブロックのための混合物の組成を考えると、次の割合を表現できます。

  • 55%ウッドチップを作ります。
  • 26% – 砂の粒子。
  • 12% – セメント。
  • 7% – 浄水.

セメントとおがくずブロック

仕様

仕様には、セメント歌のブロックの主な指標の規範があります。

  • レンガ密度インジケータは500~900 kg / m 2です.
  • 他の要素と比較した木材チップの割合 – 80%.
  • アルボリトスの強度が最大指標に達する – 3.5 MPa.

セメントとおがくずブロック

セメントとおがくずブロック

  • 製造されたブロックの弾力性のレベルは250から2300MPaの範囲内である。.
  • 材料の熱伝導率は0.8~0.17 Wです.
  • 建物の凍結抵抗は50サイクルで測定されます.
  • ブロックはわずかな収縮の対象となり、約0.8%.

セメントとおがくずブロック

セメントとおがくずブロック

Arbolit Production Technologyは多くの要因を考慮に入れる, 木のおがくずを選択することに関連してください. 針葉樹の品種からのチップは、落葉性の使用が許容されているが、それらは真菌疾患からの追加の処理を受ける必要があります.

おがくずはきれいにする必要があります. 葉や樹皮の粒子を入力することを許可することはできません. 標準長さは40 mm、幅 – 10 mm、厚さ – 5 mm. 溶液の製造におけるパラメータの違反は、最低品質の製品をもたらす可能性がある。.

セメントとおがくずブロック

このレンガは、さまざまなストロークの強さを起こします – M5からM20まで. 各ブランドはさまざまな条件で適用されます。

  • M5は屋外やベアリングの壁や建物の基礎を作るために使用されます.
  • M10は、老朽化し​​た建物や地下室を再建するために適用されます.
  • M15とM20 – 内壁や室内の仕切り.

セメントとおがくずブロック

製造原理

Arbolitの主なコンポーネントは次のとおりです。

  • ポルトランドセメント;
  • おがくず;
  • 砂;
  • ライム、必ず事前に持っていてください。
  • 水.

セメントとおがくずブロック

    柔らかいウッドのおがくずが疾患を施した、真菌、金型. そのため、主に使用されています. 他の木からのスライドは防腐剤や金型からの原料を保護するその他の組成で事前に処理されます。. 彼らは慎重に屋外で乾燥されなければなりません.

    セメントとおがくずブロック

    コンポーネントの品質とその比率はセメント – おがくずブロックの密度に影響を与えます. セメント成分のシェアが大きいほど、より強いものは完成品目になりますが、断熱指標は急激に落ちるでしょう.

    高煉瓦密度は断熱指標を減少させ、耐性、耐湿性、ならびに錆に対する補強グリッドの安定性を高めます。.

    しばしばブロックが印加されたフィッティングを作成するとき. レンガを強化し、デザインの負荷を増やすことができます. しかし、バルブの下で低温、水分、腐食に対する抵抗.

    セメントとおがくずブロック

    セメントとおがくずブロック

    大のおがくずが添加された断熱指標が増加しますが、強度を低下させ、軸受構造の構築には不適切なブロックを作ります。.

    小さなセメント数量はレンガの活発な、信頼できない、破壊を作ることができます. 建物は大きな体重に耐えることができないでしょう. そのような製品は、壁の断熱材および屋内仕切りの建設のためだけに適用することをお勧めします。.

    Arbolitブロックの構築は追加の基礎要素の構築を必要としません – それは普通のレンガと比較して、小さい重量があります.

    セメントとおがくずブロック

    セメントとおがくずブロック

    アプリケーションエリア

    セメントブロックは住宅の絶縁の課題に著しく対処する. あなたは地下室でそれを使用することができます、さらに家を温める.

    レンガは使用するのに便利です、それらはさまざまな種類の処理に適しています。

    • 切る;
    • 掘削
    • 爪を固定する.

    セメントとおがくずブロック

    セメントとおがくずブロック

    これは陰影と成形材料の外観に耐性がある環境に優しいです。. それはあなたが霜の抵抗的であると考えられるように、穏やかで低い気温の緯度で建物を建てることを可能にします. ブロックの弾力性と重量は、追加の基盤がなければ、あらゆる種類の土壌で建物を建設することを可能にします.

    特にお風呂であれば、建物は良好な防水性を必要とします. 彼らはすぐに水分を吸収するので、この製品から家の底を建てることを控えることをお勧めします。. 他の材料を使用する可能性がない場合は、地上レベルと別々のコンクリートの上に構造を上げる価値があります。.

    セメントとおがくずブロック

    専門家は、強さと密度の指標に基づく建築材料の規制によると、小さな住宅を建設する際のArbolitの使用を最大2階建てに助言します. セメント – おがくずブロックの重要な欠如 – それらのマウスは厚くなります.

    セメントとおがくずブロック

    ポジティブおよびネガティブの特性

    製造業者の保証、セメント – おがくずブロックから建物を建設した人の専門家の言葉に基づいて、そのような材料の主な利点と短所が割り当てられた。.

    肯定的な特性:

    • 仕事と敷設におけるシンプルさと快適さ。
    • 便利な重量とサイズ。
    • 切断と掘削の可能性。
    • 熱の保存
    • 優れた接着性
    • 手頃な価格.

    セメントとおがくずブロック

    欠陥:

    • 耐湿性が悪い。
    • 長い生産時間
    • 蒸気障壁と防水の必須構造
    • スパイシーな小さなげっ歯類.

    セメントとおがくずブロック

    セメントとおがくずブロック

    ブロックする主なプロパティは次のとおりです。

    • 断熱
    • 耐火性(3時間の間、直接火災の熱に耐えます)。
    • 環境への親しみやすさ
    • 防音
    • 耐久性(いくつかの世代)。

    セメントとおがくずブロック

    セメントとおがくずブロック

    • 経済;
    • 軽量です。
    • 耐性
    • 機械的効果に対する耐性
    • ストラム抵抗性。
    • 腐敗、ひび割れ、収縮に対する耐性.

    セメントとおがくずブロック

    自分の手を持つブロックの製造

    セメントとおがくずからのレディブラックの準備ができていて、あらゆる建築材料市場で見つけることができます. しかし、あなたはいつでも自分でそれを作ろうとすることができます。.

    製造技術は非常に簡単です、主なものは慎重にそして均一に混合をかき混ぜる. それは木材とセメントの非常に重要な質のおがくずです.

    セメントとおがくずブロック

    靭帯材料の要素としては、成分の様々な変動が使用されています。

    • セメント;
    • 石膏
    • 粘土.

    セメントとおがくずブロック

    セメントとおがくずブロック

    将来の製品が住宅や建造物を支えるために使用する予定の場合は、ポートランドセメントのようなセメントブランドを支払う価値があります。.

    仕事のプロセスを容易にし、質量のミキシングに費やされた時間を短縮するために、自動または手動のコンクリートミキサーを取ることができます. それはまた、混合物の品質と均質性の保証人になるでしょう。.

    セメントとおがくずブロック

    セメントとおがくずブロック

    ウッドチップは事前に準備されています. おがくずは最初に酸化カルシウムで濡れています、そして彼らは少なくとも3日屋外に耐えられています. 定期的にかき混ぜることが重要です. 外来粒子や大きな要素からのこぎり塊を清掃するためには、それは特別なふるいを通してふるいにかなります.

    チップを水で注いで、特別な添加剤が溶解している。

    • 液体ガラス。
    • ガーチライム.

    セメントとおがくずブロック

    この解決策では、おがくずが一定時間浸し、次に新鮮な空気中で徹底的に乾燥させる。.

    準備された質量におけるセメントとおがくずの比率は、必要なストレージグレードによって異なります。. セメントはベアリング壁の優勢であり、より低い荷重や内部仕切りの建物を追加する.

    セメントとおがくずブロック

    ある量のレンガを作成するには、特別な形式を使用する必要があります. セメント鋸引き混合物は、その形成およびブロックのさらなる凝固のためにそれらの中で発射されるであろう。.

    セメントとおがくずブロック

    セメントとおがくずブロック

    デザインは任意の素材で作ることができます、主なことは彼らが簡単に理解するべきだということです. それはレンガを取り除くのがより便利になるでしょう.

    吸湿を防ぐために、底面形状が鉄シートから作られる。. または木をよく洗うためにこの資料がない場合は、例えばリノリウムなどを取ります。.

    セメントとおがくずブロック

    製造の主な段階

    セメントとおがくずからのブロックの製造は彼ら自身の手で必要とします 特定の段階への厳密な遵守:

    • おがくずを準備する – 特別な組成を浸して扱い、屋外で慎重に乾かします.
    • ふるいを通してふるいにふるいにくい、大きな部分と余分な粒子を取り除く.
    • 安全材料は乾燥成分と完全に混合します – セメントと砂.
    • 得られた混合物に徐々に水を注ぎ、非常に慎重に攪拌. コンクリートミキサーを使用することをお勧めします。.
    • 混合物の準備を完了した後、あなたは品質をチェックする必要があります. これを行うには、少量の混合物を取り、手で絞る. それはプラスチックで見やすくなるはずです. 水分はありません.

    セメントとおがくずブロック

    セメントとおがくずブロック

    • 水がまだ質量または逆下の液滴から続く場合、それは段階の一つで、製造プロセスが破壊されたか、または材料の割合が誤って観察されたことを意味します。. この混合物からの製品は作られません.
    • 混合物を調理した後、それは1時間以内にそれを使用する必要があります. この間にあなたはフォーム内のすべてを分解する必要があります.
    • 質量は調製されたフォームに積み重ねられ、徹底的にそれらを洗うことを忘れないでください. 20cmのターミナルのすべての層の厚さ. これは、溶液からの空気の質量と除去をシールするために必要である。.
    • 得られたブロックは3~4日間形式で乾燥するために残されています.
    • この時間が経過すると、フォームを分解し、ドライルームでさらに硬化させるために、作成された材料を建設作業に折り畳むことができます。. このプロセスは少なくとも3ヶ月かかります。.

    セメントとおがくずブロック

    セメントとおがくずブロック

    分かるように、ブロックを製造および形成する技術は、非専門家にとっても困難ではない. 得られた建築材料から、家、風呂、フェンス、その他のビジネス構造を建てることができます.

    あなた自身の手で角質ブロックを作る方法は、次のビデオを見てください.

    料金の記事
    ( 評価はまだありません )
    友人に共有する
    Tatemono.info -建設と修理、ダチャプロット、アパートやカントリーハウス、便利なヒントや写真
    コメントを追加する