ミニドリル:特徴、選択の機能と応用

ミニドリル – 電気ドリル、グラインダー、およびフライスマシンの機能を実行する幅広い使用を伴うユニバーサルツール、はるかに小さいボリュームのみ. 整備された異なるタイプのおかげで、コンパクトな機器です。.

日常生活や工芸活動、家庭用創造性の手作り、室内装飾作品、家の装飾で使用されています. 様々な材料の処理について高精度の操作を実行し、ボリュームパワーツールへのアクセスが制限されているか不可能な場所での操作を実行するときに、ミニドリルが不可欠です。.

この装置は、使用目的を考慮して、その機能と主要な選択基準とは何ですか – 私たちの記事でこれらすべての質問に対する回答.

運営の原則と機能

ミニドリルは、コンパクトで光で、彫刻や密集とも呼ばれる電気ドリルの修正版(Dremelブランドの名前による – この機器の開発者). 装置は、ギアボックスを持たない非同期マルチターンエンジンと、コレットカートリッジを有するスピンドルが配置されている光ハウジングを備えている。.

モータシャフトには、異なる直径のコレットを締めてノズルを固定するか、または可撓性シャフトを補完して、特別な複雑さを実行する予定のときに作業チップに回転を伝達する。.

運転の原理によると、ミニドリルは通常のドリル、ドライバー、またはグラインダーと似ています. それらの主な違いは内部デバイスと動作プロパティにあります.

夢のような特徴は高速の回転速度(最大40000rpm.)低消費電力(最大170ワット). ミニドリルの基礎は直接グラインダーです – 到着前の仕上げの最終段階で掃除され、到達範囲がかかります。. しかし、簡単な機械と比較して、それはより高い回転速度を持っています:5000-35000rpm. 2800~11000rpmに対して.

アプリケーションと機会の範囲

ミニドリルは多くの種類の生産活動を伴う。

  • ジュエリーアート
  • 彫刻;
  • 製造を見る。
  • 小型形の彫刻。
  • アートカット(木、骨);
  • ガラス加工。
  • コンピュータの修正
  • 古い車の復元
  • 航空機のモデリング
  • 楽器と機械工学.

これらのコンパクトな装置は、金属、ガラス、セラミック、または木材上のエンボス加工またはバルク画像の作成に関連するさまざまな種類の針仕事での使用を発見しました.

夢の助けを借りてできること:

  • 木材、プラスチック、金属、貴重な材料、セラミック、ガラスの直径が異なるサイズが異なるドリル穴。
  • スパウトにミニチュア化合物を形成する。
  • まっすぐ、粉砕された、研磨された材料を切って、それらのフライス加工を生み出します。
  • 製品を彫刻する。
  • 酸化物から表面を浄化する。
  • 2ストローク内燃機関で仕上げ部品処理を行い、正確な寸法を求め、小さな粗面を達成します。
  • ミニチュアブランクを停止し、パターン、図面、碑文を適用する.

これら全ての機能を実行することは、装置をローラ、ミリングシート、研削シート、カッティングディスク、ブラシ、様々な材料を扱うための窓を装備することによって可能になる。.

分類と種

      電源と建設的な解決策に応じて、3種類のミニドリルが異なります.

      • 主体から運営されている標準的な電化製品. 通常のネットワークミニドリルは、厚くて大きなボールペンのハンドルを持つ遠くの外部類似点を持ち、その端は回転している作業ノズルを装備しています. そのようなデバイスは、その小さいサイズと人間工学的形状のために、片手を取るのに便利です. 電気機器は、メインコレットに取り付けられているエクステンシストを提供するフレキシブルシャフト(スリーブ)を搭載しています。. スリーブの先端にはクランプカートリッジが装備されており、濃密で作業するのが簡単. 装置自体をテーブル上に快適に配置し、曲げノズルの一端を保持することができる。.

      シャフトの存在は、最も細いビレットを処理するときに必要な操縦性を達成し、労働条件の複雑さに関係なく定性的な結果を受け取ることができます。.

      • 充電式バッテリーを備えたモバイル機器. 充電式ミニドリルのコストはネットワークモデルよりも高く、それらの間に基本的な違いはありません。. 電池装置間の唯一の違いはそれ自身の電源の存在下にあり、それはそれらを電気出口を参照せずに使用することを可能にする. そのような機器は、タバコライターカーに接続するための従来の充電器およびアダプターを備えている.
      • 中断器. 吊り下げモデルは、テーブルまたは壁への供給の可能性を持つ正方形または円筒形の短いシャーシを備えています。. 船体部分から、同じスリーブは標準電気技師のように同じスリーブです. 吊り下げ装置は、電力伝送を押圧した後にフットペダルを備えており、電動機に挿入された作業チップを回転させ、スピンドルのコレットに挿入される。. 中断型のミニドリルの利点は、フレキシブルシャフトの高品質の実行、手を握るために非常に簡単で便利です。.

      選択方法?

      今日の電化製品市場は、適切なツールを選択するときに特定の困難を生み出すすべてのミニドリルのモデルで充実しています。. 間違いや失望を避けるための夢の購入に注意を払う瞬間があります。.

      • 定格出力 – これはツールの生産性を決定する基準です。. 最適な容量装置の選択は、そのアプリケーションの目的を考慮に入れる必要があります。. 国内使用について話している場合は、200 Wまでの電力価格でモデルを好み、240 Wの集計が専門家に適しています。.
      • 最大作業回転. 仕事の快適さは、20,000rpmからの回転速度で集約を提供します. 30000-35000 rpmを発行することができる150~160 Wの容量を持つブランドモデルの背景に反していますが., この値は控えめ以上のようです. アマチュアの目的のための最も簡単な彫刻家のために、回転数は6000~10000 rpm以内で異なる.
      • 回転速度制御. Revoltレギュレータの存在はツールの使用を改善します. ほとんどの小型訓練は回転頻度を円滑に調整しており、これにより、安全な最小値から最大までの電動機の回転速度を調整することが可能になります。.
      • 重量と人間工学. 手動集合体は難しくなるべきではありません、そうしないと、手は素早く疲れているでしょう、それは仕事の質に悪影響を及ぼす可能性があります. ツールの重さ600-800 Grのときに最適に. そして高い電力を持っています.
      • ノイズ特性. 修理店が修理店でそれほど重要ではない場合は、住宅施設の条件で使用するために、隣人との不満を引き起こさないように、低騒音の機器は間違いなく必要です。.
      • カンギの作業直径. それはそれらまたは他の楽器ノズルを設置する可能性を決定するCanggiのパラメータです. CANGØ2.4とØ3.2mmの最も一般的な亜種. 彼らは家庭用、趣味、そして専門的な処理にも同様に適しています.
      • 装置. 最も安いミニドリルはスナップなしで販売されています. より高価な価格セグメントの製品を選択すると、フレキシブルシャフト、角アダプタ、スナップ付きのスナップ、スナップ付きの予備グラファイトブラシ、カンギの外径、アルファベットテンプレートを持つ拡張ベースキットの所有者になることができます。彫刻作品、サスペンションラック、ケース.
      • 製造元とコスト. 高品質で信頼性の高いパワーツールの信頼できるメーカーがたくさんあります。それらの中には、ボシュ、Dremel、Einhell、Elitech、Hammer、Patriot、Sturm、Whirlwind、Dion、Bison、Caliber. 異なるブランドの設備の価格は異なります – そして非常に実質的に. 計画がケースから機会までの彫刻の使用を含む場合、著名な製造業者の高価な専門用機器のためのオーバーペイのポイン向けの点はありません。.

      未知の「起源」の疑わしい安価な彫刻は、保証が添付されていない疑いの対象です。.

      彼自身を作る方法?

      ミニドリルデザインの単純さは、それを完成品の完成品および電気機器の構成要素からそれを手に入れる手頃な組み立てを行う。.

      働くには、次のことが必要です。

      • 古い磁気的または動的玩具から12V電気モーター。
      • 12V電源装置(BP)12V、調整可能BPを5~25Vに使用できます。
      • プラスチックチューブの適切な直径。
      • 高温接着剤。
      • ボタンスイッチスイッチ。
      • 配線を取り付けるためのワイヤー.

      手順:

      • スイッチのチューブ切り出しに列を作ります。
      • ケース内の固定の信頼性のために、接着剤組成物でエンジンを処理し、その内部に配置します。
      • エンジンからの正のワイヤはケースの切り欠きに調整され、マイナスはその背中を通して外側に引き抜きます。
      • 私達ははんだ付けされた鉄を取り、両方のワイヤーを極性と強制的な接触断熱材ではんだ付けします。
      • スイッチとエンジンからのワイヤはケースの最後に残った状態で、BPの巣に接続します。
      • ペットボトルから首を切ります。
      • コネクタの穴のカバーの中央にして、サーモクラウスの助けを借りて穴に固定します。
      • 収集した機器をBPに接続します。
      • ボタンをクリックすると、夢のようなパフォーマンスを確認する.

      そのような装置は柔らかい材料(木材、プラスチック)によって便利に掘削され、木製品の彫刻を実行する. プリント回路基板を掘削および切断するための電波アマチュアにも有用であり得る。.

      あなたが電池でミニドリルを提供するならば、それはオフラインで作業することが可能になるでしょう.

      ミニドリル旋風を閲覧する次のビデオを参照してください.

      記事を評価する
      ( 評価はまだありません )
      コメントを追加する

      ;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: